IIoT統合ソリューション

IIoT(IIoT:Industrial Internet of Things)ソリューションの導入には様々な課題があります。アリオンのIIoT向け統合ソリューションは、ソフトウェアアプリケーション、ハードウェア機器、そして自社開発のAIプラットフォームを統合することで、お客様のニーズに柔軟に対応でき、IIoT採用企業に対して生産性の向上、運用の最適化を実現できるようコンサルティング支援を行います。

お問い合わせ

IIoT導入時の課題を解決しようと考えたら、

AIとIoTの普及により、産業の構造とビジネスモデルが大きく変化しています。

マイクロソフト2019 IoT Signalsの調査によると、

ソース:https://azure.microsoft.com/en-us/iot/signals/#skillsgap

直面している課題

1. IoT技術の導入に関する知識

– OT(Operation Technology)、IT(Information Technology)およびIoTの技術を水平・垂直統合する能力

– ビジネス変革を推進する人材の育成と確保

2. 効率的な人員配置

– 人材不足の解決と人的エラーの排除

– 新人に対し複雑なシステムオペレーションを習熟するためのトレーニングの提供

3. 生産性の向上

– 機械の故障や計画外のダウンタイムなどを把握するための24時間365日間のリモート監視

– 生産中に取得したモニタデータの有効活用

4. オペレーションの最適化

– データの可視化を行うクラウドベースのプラットフォームを活用することにより複数の拠点を簡単に管理可能に

– 時間、場所に依存しないリモートモニタリングの活用

5. コスト削減

– 省電力を実現するための消費電力の評価分析

– 適切なAlertの活用により、機器に深刻な問題が発生する前に対処することによって、機器の停止による生産性の低下を防止

アリオンで貢献できること

アリオンが開発したクラウドベースのAIプラットフォームでは、センサーや機器など複数のソースからのデータを接続して同期させることで、管理効率を向上させることができます。また、このソリューションにより、データ監視と分析、故障予知をリアルタイムに対応でき、より高い稼働率と生産性の最適化を実現します。

  • さまざまなシナリオに基づいたカスタマイズされたソリューション
  • 長年蓄積した技術ノウハウを保有している専門テストラボ
  • 20年以上の検証実績とデバッグ経験をもとに、ハードウェア品質検証、ハードウェアとソフトウェアの統合性問題を効率的にサポート
  • AI分析の活用によるリスク管理

アリオンの統合IIoTソリューションの紹介

AIによるデータ分析

予防アラート X 異常通知

ユーザーフレンドリーデザイン X データ可視化

24時間365日リアルタイムに監視

事例紹介

[事例1] 工場の温湿度監視

さまざまな施設で最適な温湿度を維持することが重要です。アリオンのAIモニタリングプラットフォームにより、ユーザーは24時間365日体制で稼働状況を把握することができ、アプリケーション、電子メール、およびSMS上のアラート通知を使用することで、温度と湿度をタイムリーに監視することができます。異常な信号を観測した場合、システムは管理者はシステムからAlertを受け取り、即座に問題に対処することで、工場内の機器に致命的な問題が発生するリスクを低減します。

[事例2] 空気の品質をモニタリング

アリオンのAIモニタリング・プラットフォームは、指定された範囲で空気の品質をモニタリングすることが可能です。建設現場を例にすると、アリオンの監視および予防アラート機能により、PM2.5濃度が上昇する前に対処することが可能になり、周囲環境の空気の品質を維持することができるようになります。