車両用無線通信装置のテストサービス

無線技術が成熟する事につれ、また、スマート自動車のブームの到来により、車内の無線装置は日に日に普及しています。現在、車両用で良く見られる無線通信技術にはWi-FiとBluetoothが含まれており、車両用データ・エンタメシステム、無線の車カギにもそれらが利用されています。車両用の無線装置が上手く接続・協力し合えるように確保する為に、アリオンは車両用無線装置のテストを提供し、完備な車両用無線生態圏の構築を手助け致します。

お問い合わせ

Wi-FiBluetoothで無線通信装置を接続し、車両用の無線エコシステムを構築

近年、自動車の中から外まで、Wi-FiやBluetoothなどの無線技術の応用が目を引きます。例えば車外からの遠隔操作、ウェアラブルデバイス、保守作業、車両運行の監視など、これらは車両運行の安全性を大幅に向上させる事に成功しました。また、車内データ・エンタメシステムの運用も、運転手と乗客に色んな楽しみをもたらしています。

図説:車両用無線通信装置の生態圏

車両用生態圏の中、Bluetoothは主に低速な通信を処理しており(3Mbps以下)、言語、音声の通信、そして電話の制御を行います。対してWi-Fiの場合は大量なデータ通信、例えばミラーリンク(Mirror link、Miracast)、近距離のデータ共有、ホットスポットの共有などの応用に利用されます。

無線通信技術の応用 Wi-Fi

  • ネットワークのホットスポットの共有
  • 映像のリンクと
    ストリーミング
  • 近距離データ通信

無線通信技術の応用 Bluetooth

  • 携帯電話のヘッドセット/音楽のストリーミング/音声制御
  • 運転/車内センサーのデータ通信
  • スマートキー
  • 車両運行・保守データの転送

なぜ車両用にも無線通信技術の認証が必要なのか?

世界的に有名なJ.D. Power自動車マーケット調査会社の調査結果によると、運転手が車両用Bluetoothの利用に関する不満はランキングのトップに飾っており、そしてWi-Fiにも問題が続出しています。多くの車の持ち主が車両用デバイス、車内の接続を利用する時は、以下の状況に出くわした事があるとの事です。

Wi-Fi 関連課題

  1. 携帯電話と車両デバイスがWi-Fiで接続する事ができない。
  2. 携帯電話と車両デバイスの接続が故もなく切断され、自動的に再接続しない。
  3. 影像を再生する時、音ズレが発生する。

Bluetooth関連課題

  1. Bluetoothで接続した後、音声の品質が悪く、更に音声制御が使用できない。
  2. 電話の機能が正常ではない、もしくはヘッドセットが機能しない
  3. 搭載されたAPPと携帯のBluetoothソフトウェアに互換性の問題が存在し、正しくマッチングされない。

車両運行安全のカギ

車両運行中に運転手がもし、接続の不安定、車両用デバイスが使用できないなどの問題に注意力を割けて処理に当たれば、車両運行の安全は大きな危害に晒される事になります。これにより、車両用無線信号のテストは、安定的な接続とパフォーマンス、簡易的な操作方法、素早いマッチングと接続方式に重点を置いております。

運転中に接続の問題を起こさない為にも、アリオンは過去培ってきた無線通信技術のテスト経験に基づき、車両用の無線装置に全く新しいテストサービスを構築して提供しています。

使用状況 アリオン車内無線通信検証ソリューション
施錠/解錠-

無線キーの認証

Bluetooth制御キー/ センサーBluetooth Sensors and Key Fob/Digital Key
運転中-

車両運行の安全と監視

運転前-

ウェアラブルデバイスやポータブルデバイスと車両用デバイスの互換性テスト

Bluetooth機能テスト Functionality Test Bluetoothオープンボックス・出荷テストOut of Box (OOB)
運転中-

車両用エンタメ・データシステムの整合テスト、各状況での使用テスト

Bluetoothマルチ接続操作

Multiple Bluetooth Connection Interactions

Bluetoothマルチ映像ソースの切り替え操作 Multiple Audio Sources Manipulations

Wi-Fiテスト無線パフォーマンステストThroughput Performance

Wi-Fi車内無線認証テストMirrorlink Miracast

アリオン車載向け無線通信エコシステム検証サービス

従来、車は単なる移動手段として見られていました。現在、車の持ち主は車両用デバイスに通じて、何時どこでもデータを受信するだけでなく、車内外のスマートデバイスとセンサーは車両運行の利便性と安全性を大幅に向上させました。車両用無線デバイスの激増により、将来のメーカーは互換性などの問題に直面しなければなりません。アリオンは長年培ってきたWi-Fi、Bluetoothの経験をもって、率先して車両用無線技術の検証テストを構築し、業者が完備な無線生態圏を構築できるよう協力致します。