ドライブレコーダー検証

市場調査機関であるMordor Intelligenceのレポートによると、全世界のドライブレコーダー市場規模は2018年ではおよそ25億1,900ドルとなっており、2019年から2024年の年間平均成長率は15.4%と予測されています。アリオンは長年のテスト経験を基に、お客様の製品に安定性、機能性、接続互換性などを確保し、ニーズに合わせたサービスを提供しています。

お問い合わせ

交通事故や車盗難被害は大幅に増加しており、ドライブレコーダーの販売台数は急速に成長してきました。各国の政府はドライブレコーダーの搭載を義務化する法律を成立させ、保険会社はドライブレコーダーに記録された映像を利用し、保険詐欺や賠償を減少させます。そして必要な場合、ドライブレコーダーの映像は証拠として関連機関に提供され、作業プロセスを加速させる事ができます。

図1:ドライブレコーダーは車内の必需品になりました

アリオンによる分析でドライブレコーダー問題を解決

長年にわたったテストデータにより、アリオンはドライブレコーダーに関するよく見られる問題を以下4点ピックアップしました:

  • ドライブレコーダーは長時間を使用すると、加熱すぎてエラーを引き起こす問題が存在し、一定時間の冷却を経て再起動させなければ、記録を再開する事はできません。
  • 数週後にデバイスが突然壊れると、利用者から報告されています。研究によると、これはドライブレコーダーのメインユニットが長期間、高温の状態で使用され続けて、ライフサイクルの短縮や機械の故障が引き起こされていると思われています。
  • ドライブレコーダーが撮影した映像の画像は、環境によって光源に影響され、解像度が低すぎて見るに耐えなかったり、画面を認識できない場合があります。
  • 違うメーカー、違う速度のメモリカード(SD Card)をドライブレコーダーに使用できないという、互換性の問題の存在。例えばドライブレコーダーがメモリカードを読み取る事ができず、もしくは記録した画面に遅延が存在するなど。

ドライブレコーダーの安定性、機能性、互換性はメーカーが直面しなければならない問題であります。事故発生時、ドライブレコーダーの記録内容は事故の責任帰属を判明する証拠であり、故に運転中に、連続的で中断の無い正常な作動と録画は極めて重要となります。一方、画質の明晰度もメーカーの主なセールスポイントの一つであり、撮影した映像の画質が悪く、識別できない状況となると、軽い場合は消費者センターに報告され、重い場合は返品などに繋がりかねません。

関連検証サービス

以上の問題に基づき、ドライブレコーダーの品質を向上させる為に、我々は四つのテスト項目をデザインしました:

 信頼性のテスト:
Thermal Chamberに通じて、其々違う環境温度の中で作動テストを行い、
更に90日連続の使用をシミュレートした耐久テスト

 画質のテスト:
長時間に通じて映像を記録し、生成された映像が正常であるかどうかを検証します。アリオンが独自に開発したAI自動化テストを行い、人工知能を利用する事で映像に対して連続的かつ長時間な検査と分析を行い、映像に遅延や破損が存在するかどうかを検査し、通常の人的作業では実現できない異常検査を行います。

 互換性のテスト:

アリオンは世界トップ10のセールスランキングに入るノートパソコンとSD Cardを生産しており、お客様の需要に応じて、その製品がマーケットに存在する各大手メーカーのソフト・ハードウェアと上手く作動できるように確保する事ができます。

 ユーザーの特殊な使用条件のテスト:
利用者の習慣に基づき、様々な状況をシミュレートし操作テストを行います。

ドライブレコーダーは各国政府の宣伝や政策の元で、徐々に自動車のスタンダードな装備となりつつあります。アリオンの四つの検証テストを利用する事で問題点を速やかに発見し、更に各種類の問題についてカスタマイズ方案を提供する事もできます。お客様の製品に良好な安定性、全面的な機能性、他のメーカーのソフト・ハードウェアと共に使用可能な互換性をもたらし、ドライブレコーダーマーケットのトップ製品へ上り詰める事も夢ではありません!