衛星測位システム検証ラボ

アリオンは衛星測位システムに対し、「信号シミュレーション検証」・・「実際のフィールドにおける信号検証」-を提供し、お客様の需要に応じて様々な検証サポートを提供しています。

GPSのない生活、想像できますか?

GNSSは各国の全地球と地域向けの衛星測位システムの総称で、よく知られるのはアメリカのグローバル・ポジショニング・システム(GPS)・ロシアのグロナス測位システム(GLONASS)・中国の北斗衛星導航系統(BDS)・EUのガリレオ測位システム(Galileo)です。中でもアメリカのGPSはカバー範囲が広く、24時間稼働しているため、もっとも広く利用されているシステムになっています。

  • GPSは軍事・ナビゲーション・スマート生活圏・IoT・IoV・無人車・個人携帯測位システムに利用されており、その重要性がうかがえます。しかし、GPSによる測位は、天候・信号の屈折・建物の遮蔽・レーダーの干渉・受信機のソフト・ハードウェアの品質に影響を受け、誤差が生じる可能性があります。
  • 誤差による影響は大きく二つに分かれます。実際の場面を想像してみましょう。
    • 信号の転送速度が遅い場合:運転者が即時にナビゲーション情報を受け取れない場合、方向を間違えてしまう恐れがある。
    • 位置が不安定:運転者が間違った位置情報を受け取ってしまった場合、運転の安全性を損ないかねない。

アリオンのGPS検証ソリューションで、衛星信号の誤差と盲点を克服

GPS受信機はエラー検出する場合、ドライバーの運転安全性に影響を及ぼす恐れがあります。アリオンのGPS検証サービスでは、製品開発の初期段階において信号エラーの検出をお手伝いいたします。

信号シミュレーション試験

  1. アクイジションテスト(Acquisition Test)
  2. 精度正確さテスト(Accuracy Test)
  3. 信頼性試験(Reliability Test)
  4. 干渉試験(Interference Test)

衛星信号検証のベストパートナー、アリオン

アリオンはソフトウェア検証だけでなく、各分野においても長年の検証経験をもっており、衛星信号検証の重要項目について、検証プランを提供することができます。

  1. GPS性能:信号の転送速度と強度は受信機の測位精度に影響し、ナビゲーションの正確性を左右します。
  2. 演算力:ソフトウェアの演算力は障害物がある際の位置判定・推定において、大きな役割を果たします。
  3. 画像データ:ナビゲーションの画像データが正確であれば、正確な位置画像判定機能を提供できます。