車両用無線充電設備のテスト

IHSマーケット研究によると、世界中に無線充電設備が備わっている車両の数は急遽に成長しており、2020年の時は170万両まで増加すると予測されています。マーケットのトレンドに応える為、Allionは車内無線充電に対して専用の検証テストを設計し、設備のセキュリティシステム、充電効果、充電効率、互換性などに焦点を置き、車両用無線充電設備の品質を守り、引いては運転手と乗客の安全を守ります。

お問い合わせ

無線充電技術は一般向けの消費マーケットにて、既に長い間に存在しておりました。現在、無線充電技術は大別として二つのカテゴリーに分けられており、其々Wireless Power Consortium (WPC)が発表したQi、そしてAirFuel AlliancenのAirfuelとなります。ここ数年、無線充電ブームは自動車産業にも入り込み、無線充電設備を自社のスタンダードと定めたメーカーは徐々に増してきております。されど、自動車の内部はかなり特殊な環境であり、充電設備は車体と完璧に結合するだけでなく、車内温度の急遽な変化にも適合する必要があり、更に運転手の携帯電話の機種にも対応しなければなりません。メーカーにとってこれらの問題は避けては通れない重要課題となります。運転手と乗客の完璧なユーザー体験を実現する為に、Allionの専門チームは今までのテスト経験に基づき、現在の車両用無線充電装備を使用するに当たって良く見られる問題を割り出し、対応するテスト方案を提出しました。

あなたの無線充電設備は本当に安全ですか?

多くの車両用無線充電板の設計は開放的な空間となっており、また、多くの運転手は小銭や小物を充電板の上に放り出す習慣を持っています。一般的に、異物が充電板の上に転がり落ちた時、異物検知機能は直ちに起動され、充電板は電力を切断して、過熱と引火のリスクを回避させます。この他、充電の過程でロストした電気は熱エネルギーに変換される為、一般的な車両用無線充電設備には温度検知機能、電力切断を通達する機能が備わっています。これらの安全機能が正しく機能しない場合、重大な事故に繋がる恐れがあります。

どういうリスクがあるの?

異物検知の失効:運転手が硬貨を充電板に放り出し、予期しない加熱が発生した場合、引火して運転手と乗客の安全に危害を与える事になります。

Allionの車内無線充電の安全性テスト

  • 異物検知機能FOB:充電板のエラー検知と通達、温度過熱の検知と警告
  • 充電板の取付け:車内の他の部品との安全距離の測定
  • 充電デバイスの保留システムのチェック:滑り、移動、振動の検知

目に見えない無線の干渉は、どう解決するべき?

車内で無線充電を使用する時、充電板と充電されている携帯は110KHzから205KHzの周波数で信号を交換します。この手の無線通信はリモコンキーや車の発動システムの機能に影響を与える恐れがあります。

どういうリスクがあるの?

車の持ち主が乗車して、リモコンキーを充電板の上に置いて充電させると、車のエンジンがリモコンキーのチップを検知できず、自動的にエンジンを停止させる恐れがあります。こういった状況がハイウェイなどで発生し、車のエンジンが突然に停止されると重大な事故に繋がる恐れがあります。

Allionの車内無線充電の電磁波干渉テスト

  • 車内アナウンスとの共存と干渉
  • リモコンキーやスマートロックの相互干渉
  • エンジン起動システムとの干渉

充電装置に過熱の問題はあるのか?

車内の温度変化は大きく、環境温度の劇的な変化により、充電板の電力自動切断装置が損害するなどの問題が発生する恐れがあります。

どういうリスクがあるの?

夏になって室外に駐車させると、車内の高温は電力自動切断装置を損害させる恐れがあります。携帯電話と充電板の故障に留まらず、過熱で引火してしまい、損害が際限なく拡大していく恐れがあります。

Allionの車内無線充電の極端温度テスト

  • 自動化温度制御、無線充電装置にはより厳格で極端な温度検証を行い、装置の過熱や燃焼による重大な傷害や損傷を回避する。

家のどの携帯も充電板に使えない、どうすれば良いの?

多くの車両用の無線充電装置は低パワーの充電のみ提供しております。また、一般的な運転時間だと、携帯に十分な電力を提供する事はできません。更に充電中にWi-FiやBluetoothを接続させて映画、音楽、または電話機能を利用すると、電池は電力を上手く蓄積させる事ができません。これに対して、充電板のメーカーはミドル・ハイパワーの充電方案を提供しておりますが、Allionの観察によると、これらの方案の中には互換性や相互操作の問題が多く存在しています。

どういったリスクがあるの?

大金はたいてハイパワーな充電板を購入しても、充電の効率が期待通りとはいかず、消費者の製品に対する信用がガタ落ちする事になります。

Allionの車内無線充電の互換性テスト

  • 携帯の互換性テスト:充電バージョンが古い製品に対応可能かどうか
  • 車内電力システムのマッチングの互換性テスト