タッチパネル感度測定試験コンサルティング

昨今、様々な電子機器がタッチパネルで操作できるようになってきています。自動車においても例外ではなく、タッチパネルの使用が一般的になってきました。

しかし、タッチパネルの感度が悪ければ、運転手が操作に気を取られ、最悪の場合、運転の安全性に影響を与える可能性があります。アリオンは、車内タッチパネルの感度とパフォーマンスについて、3つの主要なテストやコンサルティングサービスを提供しています。タッチ性能テストやモバイルレイテンシーテスト、アンチノイズテスト等のテストを行うことで、タッチパネル感度の性能向上に努めます。

一般的なタッチパネルの問題

タッチパネル感度が低い、遅延時間が長いといった原因で下記のような問題が発生します。

1. 応答に時間がかかり、スムーズな操作ができない

2. ウィンドウを切り替えることができない

3. 画面のオン/オフに失敗し、その原因も表示されない

車載IVI機器の使用時にタッチ応答がタイムリーでなく、バックモニターや、カーナビゲーションでエラーが発生してしまうと、運転の安全性に直接影響してしまいます。

アリオンのタッチパネルテストコンサルタントチームがタッチパネルの問題を解決します

アリオンは自社開発したAIソリューションの活用により、車載IVI機器向けに以下の3つのテストを行います。

1. タッチジェスチャーパフォーマンステスト

このテストでは、タッチパネルとタッチパッドがユーザーの操作に正しく応答するかを検証します。アリオンは車の運転プロセスにおける様々な検証シナリオを作成し、データベースの分析を通じてタッチパネル操作の成功や失敗を重ね、様々な運転シーンでのタッチパネル操作に対応することができます。

基本操作は以下の通りです。

  1. クリック操作
  2. スクロール操作
  3. 方向ジェスチャー
  4. ズームインズームアウト操作
2. レイテンシーテスト

ユーザーは、タッチスクリーンを操作する際、タッチしたらすぐに応答があることを期待しており、遅延時間が長すぎると、ユーザーエクスペリエンスが低下してしまいます。そのため、遅延時間は非常に重要なファクターです。これに対し、アリオンはロボットを使用して、タッチの応答時間を測定する手法を開発しました。ロボットがタッチスクリーン上で、タッチをしたりスワイプをしたりし、その操作に要する時間や遅延時間を測定します。そして集約されたデータを通じて、遅延時間がアリオンの策定した仕様を満たしているかどうかを検証します。

3. ノイズテスト

我々の生活環境には、電磁波は常に存在しており、多くの電子機器はその影響を受けています。自動車環境も例外ではありません。タッチパネルの場合は、外部ノイズにより、タッチ検出の精度が下がる可能性があります。そのため、タッチパネルやとタッチパッドは、ハードウェアとファームウェアの両面において十分なアンチノイズ機能を提供する必要があります。ノイズテストでは、タッチパネルとタッチパッドにノイズを注入し、ロボットの指を使用して直接タッチパネルやタッチパッドに触れてユーザーの状況をシミュレーションすることでタッチデバイスのアンチノイズ機能を検出します。

アリオンのAIソリューション

特徴 品質と効率の向上 高い作業効率 人的作業の超越 蓄積データの分析
応用

手動テストでは、疲労などの影響から長時間のテストでは精度を落とすリスクが懸念されますが、AI自動化テストでは、基本的には99%以上の精度を維持することができます。

AIロボットは高精度で信頼性の高い連続稼働が可能ですので、人間の労働時間(1日8時間)を基準に計算すると、約2~3倍の試験時間の短縮が可能です。 アリオンのAI自動化テストは、画像認識機能を持っているため、人間に代わり、休みなく連続して正確な認識をすることが可能です。 動作シナリオに沿ったデータ収集や分析により、検出率の向上が可能です。

専門のコンサルタントチームによる客観的なテストレポートの必要性

自動車メーカーや車載機器製造メーカーは、それぞれ独自のテスト基準や感度の基準を設定し十分なテストを行っておりますが、消費者は直感的に判断するものです。第三者検証機関による、より客観的なテストレポートは消費者にとって、説得力のあるものとなるでしょう。

アリオンは、テストと検証の分野で30年の経験があります。教育トレーニングから、製品発売後のデバッグ検証やデータ分析、技術コンサルティング等の技術サポートまで、様々な段階でアリオンはお客様の製品の品質向上のお手伝いをします。

サービスの詳細については service@allion.co.jp までお問い合わせください。