アリオンは 豊富な技術知識 と 最新の設備 に基づく
フルカスタマイズの検証プランを提供しています。

イベント

Slider

テスティングラボ

高品質な検証サービスを提供するために、アリオンでは様々なテクノロジーやプラットフォーム、
シナリオ、ユーザーエクスペリエンスの垣根を超えて統合。
製品・サービスの品質向上に貢献します。

オールラウンドAIoT検証サービス

スマートデバイスのためのフルカスタマイズ検証プラン

アリオンはお客様にご満足いただくための、フルカスタマイズのテストプランを提案します。

詳細

ヒートマップ分析

IoT検証

スマートデバイス互換性検証

世界最大級のスマートデバイスプラットフォームを持つアリオンは、各地域で最も人気のあるブランドのデバイスを多数保有しています。
それぞれの製品との互換性を確認できます。

AVエコシステム

IoTエコシステム

本物の生活環境をシミュレート

一般ユーザーの生活環境を想定したデモルームを常設しており、これを利用した検証が可能です。お客様の製品が持つ潜在的な課題に対し、一般販売前の段階で解決へと導くお手伝いをします。

スマートホーム

スマートヘルスケア

スマートビルディング

コネクティッドカー

エンジニアリングサービス

エンジニアリングサービスでは、急速に変化する環境に応じたテスト設計、デバッグサポートなどをワンストップで提供し、お客様の課題を解決します。

規格ロゴ認証サービス

ニュースルーム

【ニュース】アリオン、世界初のWi-Fi 6E認証試験機関として認定

【ニュース】アリオン、世界初のWi-Fi 6E認証試験機関として認定  第三者認証試験、品質検証、及びコンサルティングを提供するアリオン株式会社(代表取締役社長 中山英明)は、 当社グループ本社のAllion Labs Inc.(本社台湾・台北市、CEO : Summer Chien)が無線LAN標準化団体であるWi-Fi Alliance(以下WFA)より、世界初のWi-Fi 6E認証試験機関としての認定を受けました。本認定により、Wi-Fi 6E関連認証プログラムおよびコンサルティングの提供を開始いたします。  「Wi-Fi 6E」は、2020年1月7日にWFAが発表した新たなWi-Fiの規格です。Wi-Fi 6規格に加えて、6GHz帯に拡張されたことはWi-Fi 6Eの規格で最大の特徴となり、Wi-Fi 6の低遅延、高速、高効率といった特徴をより活用できるようにデータの最大転送速度の引き上げや遅延の削減などが期待されます。  2019年、WFAは新規格Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)を発表しました。Wi-Fi 6は高帯域、低遅延、高スループットを実現するため、従来の Wi-Fi 環境では実現できなかったさまざまなアプリケーションへの活用が可能です。その一方、IoTアプリケーションの普及に伴い、ネットワークの需要は急速に高まっています。既存の2.4GHz帯や5GHz帯が混雑し、回線速度が低下する場合があります。  Wi-Fi 6Eではアンライセンスバンド(免許不要帯域)に6GHz帯が追加されることで、160MHz幅の場合は最大7本の通信チャネルを使用可能になります。利用可能なチャンネルは、国によって異なります。また最大2チャンネルまでしか提供できないWi-Fi 5に比べ、Wi-Fi 6Eは、高速伝送が必要となるVR(仮想現実)、多人数のキャンパス、公共エリア、大規模な企業ネットワークなどといった高速化・安定化が求められる環境への活用が期待されます。 Wi-Fi 6Eでは160MHz幅の場合最大7本の通信チャネル使用可能 Wi-Fi 6Eは下記の機能が含まれます。 DL OFDMA, UL OFDMA Target Wake Time (TWT) MU-MIMO Transmit Power Envelope アリオンでは、Wi-Fi 6EデバイスとWi-Fi 6の相互運用性を確保しており、Wi-Fi 6Eに対応した機器がWFAの定める仕様に準拠しているかどうか試験を実施します。 【アリオンのWi-Fi 6E認証プログラム】 Wi-Fi ...

【ニュース】USB認証に関するお知らせ ~アリオンの支援によりUSB-C Receptacle 40Gbps(USB4 Gen3)認証を取得したメーカーリストについて~

【ニュース】USB認証に関するお知らせ ~アリオンの支援によりUSB-C Receptacle 40Gbps(USB4 Gen3)認証を取得したメーカーリストについて~  USB-IFが2020年12月にUSB-C Receptacle 40Gbps(USB4 Gen3)のコネクタ認証プログラムを発表して以来、アリオンはUSB-IFの最新仕様「USB Type-C® Connectors and Cable Assemblies Compliance Document Revision 2.0」基準に従って数多くのお客様の認証取得を支援しています。  これまでにアリオンはLUXSHARE-ICTをはじめ、JAE、BizLink、Amphenol、Singatron、Lotes、Argosyなどのケーブル・コネクタの大手設計・製造メーカーの認証取得をサポートしました。これら認証済み製品の情報は専用ウェブサイトのIntegrators Listに掲載されています。  アリオンはUSB-IFの長期的な技術支援パートナーとして、USB4に関する新技術開発に尽力しています。また、お客様の製品の認証試験実施中に発生した問題にも、サンプル改善ソリューションを提案することにより早期に問題解決を図り、迅速な認証取得を支援し、製品の市場投入期間の短縮に貢献いたします。  以下はTID番号順となっており、最新の追加情報が入り次第改めてお知らせいたします。 [Luxshare-ICT] TID 4650; Model Number: PUC050-2483-303-1H [JAE] TID 4729; Model Number: DX07S024JAA [BizLink] TID 4730; Model Number: 644-246000SA01190 [Amphenol] TID 4731; Model Number: GSB4D313302Y1HR [Singatron] TID: 4738; Model ...
詳細