Heatmap Boxスマートエリア信号ソリューション 無線ネットワーク品質の救世主

無線ネットワークは現代人の生活に欠かせず、幅広く利用されています。その反面、実生活では無線ネットワークの問題が頻繁に生じ、ユーザーが煩わしく感じることも少なくありません。良好な無線ネットワーク品質を確保するため、アリオンは、使用ニーズに応じて時間的や空間的の制限を打破し、ネットワーク状況を能動的に把握できる無線ネットワーク品質保守管理プランを開発しました。24時間リアルタイムでモニタリングし、検査・分析レポートを通じて無線ネットワークの最適化と保守を行います。

無線ネットワークは、いつでも設置でき、フレキシブルに利用できるといったメリットがあり、配線しにくい広い空間にも対応できます。間断なくいつでもどこでも快適に使用したいというニーズを満たすことができ、応用範囲は無限大です。技術の進歩に伴い、多角度アンテナ、アンテナブースター、メッシュWi-Fiルータが登場するなど、無線ネットワーク機器は進化し続けています。その一方で、実生活では解決を要する問題がまだ多くあります。

1. 公共空間におけるネットワーク問題

+

ホテルを例にとると、国際的旅行サイトのExpediaが各国の旅行者を対象に実施した「2018年ホテルに関する国際比較調査」では、最も重視するホテル設備は無料Wi-Fiであるとの回答が9割を超えました。無線ネットワークが不安定でWeb会議ができない、データ送信が中断されるなどの状況は旅行サイトでマイナスに評価され、リピーターを減らす上、他の旅行客からも悪印象を持たれかねません。無線ネットワークの品質と状況を効果的に把握することは、ホテルの客室稼働率を左右する重要な要素と言えます。

2. 職場環境におけるネットワーク問題

+

  • オフィスでは、無線ネットワークが不安定だと、ノートパソコンによるサイト閲覧、メール送信、Web会議をスムーズに行えず、作業効率が低下します。
  • 工場や倉庫では、無線ネットワークが中断されると、敷地内を自動走行する無人搬送車(AGV:Automated Guide Vehicle)による搬送が停止し、出荷遅延が生じます。

 

アリオンの無線ネットワーク品質保守管理プラン

無線ネットワークが原因で起きる問題は多様で予測が困難なため、ユーザーの反応を待っていると、クレームが発生し、手遅れになります。ネットワーク管理者の作業効率を上げるため、アリオンは、各ITネットワーク管理者が攻めの姿勢で無線ネットワーク状況を効果的に管理・把握できるようサポートします。重大な問題を効果的に解決するため、アリオンは、経済的で効率的な無線ネットワーク品質ソリューションを開発しました。さまざまなエリアで、利用ニーズに合わせて最も適切な保守管理プランをお選びいただけます。

 プラン1:無線ネットワーク環境パフォーマンステストプラン 検証が便利に

対象:無線ネットワーク環境全体のパフォーマンス検証又は新規構築した無線ネットワーク環境の検証を行う事業者

多くの人は自分の健康状態を把握し管理するために毎年健康診断を受け、健康リスクが見つかればさらに検査や治療を受けます。使用するエリアについても同じです。安定した無線ネットワーク品質を確保するためには、無線ネットワーク環境を診断して潜在的な問題やリスクを洗い出し、症状に応じて処方を行い、速やかに環境の改善と最適化を図る必要があります。

また、新規構築するエリア環境に応じて無線ネットワークを設置した後、そのエリアの完全性(インテグリティ)を検証するには専門チームのサポートが必要です。アリオンは第三者検証機関として、お客様に代わり最も完全な品質検証を行います。

√ 24時間全天候下で7日間以上、実際の使用状況に沿ったモニタリング

専門的なテスト分析レポート及び改善提案

万全なサービスプロセスで無線ネットワークの品質パフォーマンスを確保

 

 プラン2:リアルタイムモニタリングシステムプラン―Heatmap Box  ITネットワーク管理者の良きパートナー

対象:エリアの無線ネットワーク信号を長時間モニタリングする必要がある事業者

良好な無線ネットワークは、一般的な大型商業施設(観光ホテル、駅等)が顧客や旅行客に提供するサービスの重要な一部分です。また、民間のオフィスや工場などの機関では、従業員や機器の作業環境を安定させる上で、無線ネットワーク品質が重視されます。

アリオンのチームが自社開発した「無線信号リアルタイムモニタリングシステムHeatmap Boxは、広域エリアの無線信号のカバレッジ状況を24時間体制で検査し、無線信号品質をリアルタイムでモニタリングすることができます。モニタリングシステムには、Heatmap Box及びクラウドバックエンド管理センターが含まれます(下図「Heatmap Boxシステム運用フレームワーク」参照)。Heatmap Boxは、現場でモニタリングを行い、データをクラウド管理センターに送ります。管理者は、携帯電話やノートパソコンから管理センターに接続するだけで信号品質をいつでも確認することができます。ネットワークに異常が起きたときは突発的な状況について通知を受け取り、素早く現場に赴いてトラブルを解決することができ、ネットワーク管理者やIT要員の作業効率の向上が期待できます。

+図:Heatmap Boxシステム運用フレームワーク

Heatmap Boxプランの特長

X

 サービスプロセス

アリオンは、先駆的な試験ラボとして、常に高品質な検証・試験サービスを提供してきました。当社の無線技術チームは、無線ネットワーク品質保守管理プランに関する厳格なサービスプロセスを定め、お客様の無線信号品質の確保と無線ネットワークのユーザーエクスペリエンス向上のため、スマートで効率的な無線環境検査プロセスの提供に取り組んでいます。
+

Step 1. 使用環境の評価:現実では空間構造、建築材料(セメント壁、木材など)、内装の材質、電子・情報機器及び家具などはいずれも無線接続品質に影響します。従って、信号の死角や干渉源を避けるために最適なアクセスポイントの位置を確認することが、良好な無線信号品質を築く最初のステップとなります。

Step 2. 使用状態のモニタリング:アリオン自社開発のHeatmap Box無線ネットワークモニタリングシステムを導入することで、複数のアクセスポイントのネットワーク環境を24時間リアルタイムで遠隔モニタリングすると同時に、信号強度(strength)とスループット(throughout)をモニタリングします。信号可視化インターフェースでエリアの最新状況を一目で確認できるので、管理がより便利になります。Heatmapはアラート機能も備えており、発生した異常はシステムが瞬時に管理者に通知するため、管理者は能動的に状況把握や事前対策を行うことができます。

+

Step 3. データ分析: Heatmap Box無線ネットワークモニタリングシステムは、無線ネットワーク環境の使用状況に基づき関連データを収集して異常の分析と管理を行い、改善と最適化の参考にできるようにします。また、IT管理者が照会や過去データのトレースを行えるよう、日、週、月単位でレポートを作成することで、品質保守の参考資料を提供します。

Step 4. 最適化と改善:無線ネットワークモニタリングシステムが収集したデータをアリオンのチームが分析し、改善と最適化について提案します。ITネットワーク管理者は、システムプラットフォームのモニタリングデータを無線ネットワーク環境保守の重要な指標とし、それに基づいてすぐに全体の管理状況の把握に努め、優れた無線ネットワーク環境を構築することができます。

 

受動的な問題発見はOut 能動的な無線ネットワーク管理はIn 

アリオンは守勢から攻勢へ お客様の無線エリア品質を確保

あらゆるモノがネットワークに接続できる時代は、すべてのデバイスがインターネットに無線接続します。現実社会では、無線接続の品質、速度、安定性などが製品品質やユーザーエクスペリエンスを左右する重要な要素となるでしょう。どんなスマートエリアや応用においても無線ネットワークの安定性を保つため、アリオンは事業者の多様なニーズに合わせた定期検査、新規構築案件の検証、長期モニタリングなどの無線ネットワーク品質保守管理プランを提供します。

当社の無線技術チームは、ITネットワーク管理者が受動的な問題発見から能動的な管理へ移行するサポートを行い、顧客や同業者からのクレームの減少や、ネットワーク状況を随時把握して問題を早期発見し、即時対応することを可能にします。またHeatmap Boxによるデータ分析を通じてエリアの最適化と改善を提案します。アリオンの無線ネットワーク品質保守管理プランはお客様の経費や時間を考えた、最も費用対効果の高いソリューションです。

 

安心のブランド、IT試験の先駆者 無線通信テストの信頼できるパートナー

試験・検証において30年近い経験を持つアリオンでは、無線通信分野におけるさまざまな無線複合技術を組み合わせ、エリアに応じた無線ネットワーク品質に加え、製品の特性、ユーザーシナリオ、IoTエコシステムの応用などに合わせたIoTデバイスのデバッグサービスも提供しています。またアリオンは、Wi-Fi、Bluetooth、Lora、Wi-SUNアライアンスの認証を受けた認証試験機関として無線技術関連の認証サービスを提供し、製品発売までの期間短縮に貢献します。