Tag Archives: ドライブレコーダー

真の画質テスト:特定シーンにおけるドライブレコーダーの実際のパフォーマンスについて

Allion Labs  車はさまざまな環境で走行するため、ドライブレコーダーも日光、温度、天気といったさまざまな実際の条件に対応する必要があります。昼でも夜でも、晴れの日でも風や雨が強い日でも、さまざまな特定シーンでドライブレコーダーが正常な画質を維持できるどうか、ドライブレコーダーメーカーにとって本当の試練の始まりです。 ドライブレコーダーの真の実力:特殊なシーンでの実際のパフォーマンス 日中や夜間のシーンだけでなく、私たちの日常生活の中で、車が道路を走行する特殊な場面はたくさんありますが、次のような特定のシーンでは、ドライブレコーダーのパフォーマンスが影響を受ける可能性が非常に高くなります。 トンネルや屋内駐車場で明るさが急激に変化する 並木道で枝葉の隙間から差し込む日光 まっ暗な夜、信号のかすかな灯りしかない 迫りくる対向車のヘッドライト 直視できないほど強い光が差す夕日 これらの使用シーンでの実際のパフォーマンスに対処するために、多くのメーカーは以下の技術を使用して、自社製品をさらに最適化および調整し、ドライブレコーダーが昼夜を問わず優れた画質を取得できるようにしています。 レンズの絞りを広くする 高感度光センサー HDR技術 アライメントと自動露光/自動ホワイトバランス同期 [...]

高解像度はハイビジョンと同じ?ドライブレコーダーの映像品質に迫る

Allion Labs  時代は変わり、ドライブレコーダーが必須な世の中になりました!近年人々の交通安全意識が高まり、できる限り無用な交通トラブルを避けるため、ドライブレコーダーの設置と普及がドライバーの共通認識となっています。 ドライブレコーダーの潜在リスク: 高解像度は本当にハイビジョンと同じ? ドライブレコーダー選びは解像度が高いものを選ぶのが原則であり、1080P、2K、4K解像度の製品が市販されています。しかし問題は、製品パッケージで宣伝されている高解像度が、本当に100%ハイビジョンと同等なのかということです。また、昼間にクリアな映像が撮影できるからといって、何の違いもなく夜も同じようにクリアな映像を撮影できるのでしょうか?さらに、さまざまな透過率の断熱フィルムを使用している場合、ドライブレコーダーは同じように高画質のパフォーマンスを維持できるのでしょうか? ドライブレコーダーの設置環境や条件はユーザーごとに異なるため、ユーザーが直面するトラブルも、使用状況に応じて異なります。ただし、画面と映像品質の問題に焦点を当てると、多くのユーザーに起こる問題は主に次のとおりです。 撮影画面が不鮮明 ナンバープレートの白飛び 画面が白くなる 画面にモザイクが現れる 異常な色づき 画面に斜めのストライプが流れる レンズフレア ドライブレコーダー関連製品の開発の各段階で、実際にユーザーが使用する時に発生する可能性のある悩みに焦点を当て、アリオンは、メーカーと消費者の視点から出発し、第三者の専門認証機関による最適なテストを通じて、製品の性能を明らかにして品質を向上させ、製品の品質を厳格に管理できるよう支援します。 [...]