総合的な検証ソリューションを通じて、よりスムーズなネットワーク・
通信エコシステムの実現に向けて貢献します。

2020年4月アメリカ連邦通信委員会FCCが6GHz周波数帯の開放を発表した後、続けてWi-Fi AllianceがWi-Fi 6に6GHzの周波数帯を拡張する新規格「Wi-Fi 6E」を発表しました。これにより、Wi-Fi 6Eをサポートする製品が開発され続けており、IoT時代の新しい章が幕を開けました。

5G通信とWi-Fi 6Eが登場して以来、通信業界は新たな課題に直面しています。高速通信のためのワイヤレス技術として6GHzを採用し、他の既存設備との相互干渉を避けるために伝送電力を調整することで、特定の周波数帯域で使用される電力を以前より低くしている影響を考慮し、実用で起こり得る問題とユーザーエクスペリエンスの不良をもたらすことがないよう、製品に多くの厳格な検証を行う必要があります。

アリオンでは無線製品向け最新のWi-Fi 6やWi-Fi 6E認証プログラムの提供に加え、TR-398やBluetooth等の関連認証を含め、様々な無線技術に関する認証・検証プログラムに対応しています。また、APやルーター、スマートフォン、スマートデバイス等、製品の研究開発及びアンテナメカニズムの設計やシグナルインテグリティから、デバイスパフォーマンス検証とユーザーシナリオに至るまで、市場で人気のあるワイヤレス製品に対するカスタマイズ可能なテストサービスを提供でき、ユーザーのニーズに沿った製品の製造をサポートします。

複合通信技術の運用は、製品設計が大幅に難しくなるだけでなく、通信の中断やノイズの発生等、使用時に多くの問題が発生するため、ユーザーエクスペリエンスが低下してしまう可能性があります。

アリオンは、アンテナ、チップ、モジュール等の様々な通信製品コンポーネントのパフォーマンスや、電磁干渉、伝送速度、同一周波数干渉テストを実施し、製品開発の初期段階において潜在的なリスクを特定します。

製品の成功は、ユーザーエクスペリエンスと評価にかかっています。アリオンは、製品パフォーマンスを理解し、問題を早期に発見するために、第三者検証視点から多様な評価テストを提供します。パフォーマンステストや実際のシミュレーション、互換性テスト等を通じて、通信製品に対してより厳格な検証テストを実行し、優れたユーザーエクスペリエンスを実現します。

ネットワーク・通信製品向けの評価・検証ソリューションについて、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。