ソフトウェア検証ラボ

ソフトウェアのシステムとユーザーインターフェース(以下UI)はますます複雑になっており、検証作業はソフトウェアにおける開発工程の中でも最も重要な位置を占めております。アリオンのソフトウェア検証ラボでは、各エコシステム及びデバイスの特性に応じて最適化サービスを提供しています。

お問い合わせ

なぜソフトウェア品質検証が必要なのか?

ソフトウェアのスムーズな操作感と実用性は、ユーザー満足度に繋がっています。さまざまなソフトウェアとUI設計に対応すべく、アリオンのソフトウェア検証では実際のユーザー行動に基づいたソフトウェアの接続性や安定性、機能、ユーザビリティや特定のデバイスとの連携などを提供しています。ソフトウェアの持つ様々な課題の解決をお手伝いします。

アリオンの強み

IoTの進歩によってソフトウェアやアプリケーションはクラウドによる運用へと変化し、単体で機能が完結するものではなくなりました。アリオンの持つ20年以上に及ぶ豊富なテスト経験に加え、AIテスト自動化、IoTソリューションを組み合わせた最先端の検証を導入しました。アリオンのソフトウェア検証チームは、お客様の持つ限られたリソースを最大限に活用したサービスを提供します。

 1. 第三者の観点からソフトウェアの問題点を発見 

 2. 幅広いソフトウェア検証範囲 

ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)全体に渡る、開発および検証プロセスを最適化するソリューションを提供しています。

 3. 20,000以上のデバイスを保有 多分野を統合した豊富で多様なデータベース 

ソフトウェアとハ​​ードウェアの相互接続性は、開発者を悩ます深刻な問題です。アリオンは世界中からデバイスを定期的に購入しており、約20,000台以上のデバイスを保有しております。これにより、お客様の接続性のご要望にお応えすることができます。

 4. 現場測定でソフトウェアの実際的性能を検証 

実際の生活環境をシミュレートしたシナリオを活用し、ソフトウェアの使用状況を検証します。

試験対象

幅広い製品分野を対象に、ソフトウェア品質検証を提供しています。

  • モバイルアプリ:スマホアプリ、スマホゲーム、PCアプリ、ゲームなど
  • システム端末に搭載するデバイス:スマートTV、スマートアシスタント、ウェアラブルデバイス、AR・VRデバイスなど
  • ウェブアプリ/ウェブサイト:Web based proxyを組み合わせ、各種UI、機能性、ユーザーエクスペリエンス、トランスレーションやパフォーマンス特性試験を実施

カスタマイズのソフトウェアテスト

 1.ホワイトボックステス White-box Testing 

ホワイトボックテストは、ガラス箱テスト(Glass Box Testing)とも呼ばれています。ソフトウェアの性能を検証するブラックボックステストと比べると、ホワイトボックテストは主にアプリの内部構造と操作を確認します。アリオンのソフトウェア検証チームは各プログラミング言語スキルを備えており、”開発者”の視点からテストケースを設計します。実開発の手法を適用することで、実行可能かつ効果的な検証を行います。

デバッグツール・デバッグ手法

アリオンでは、ソフトウェアのデバッグのための手法、ノウハウを開発しています。

 2. ブラックボックステスト Black-box Testing 

ブラックボックステストは機能テストとも呼ばれ、”一般ユーザー”の視点からUIや機能を検証します。アリオンのソフトウェア検証チームは、期待していた通りの機能と性能を確保しているか確認します。

 3. AIテスト自動化 

アリオンのAIテスト自動化では、様々な動作を繰り返し行うテストシステムの構築に加え、ユーザー行動モデルを記録・収集し、ディープラーニング、画像認識、音声認識によって分析・検証を行っています。従来の手動テストに代わり、大量の反復検証ステップを自動的に再現することで、定性・定量で信頼性の高い正確なテスト結果を出すことができます。これにより、品質向上と市場投入までの時間短縮に繋げています。

 4. ユーザーエクスペリエンス(UX)の最適化 

アリオンのユーザーエクスペリエンス(UX)の最適化サービスでは、製品に応じた利用シナリオを策定します。エンドユーザーの行動シミュレーションに焦点を当て、性能、ロジック、安定性、使いやすさに焦点を当てたハイレベルなUX評価を実施します。これにより、製品の利便性を最適な状態へと改善します。