衛星測位システム検証ラボ

アリオンは衛星測位システムに対し、三つの検証サポート-「信号シミュレーション検証」・「信号プリレコード検証」・「実際のフィールドにおける信号検証」-を提供し、お客様の需要に応じて様々な検証サポートを提供しています。

衛星測位システム(Global Navigation Satellite System, GNSS)とは

GNSSは各国の全地球と地域向けの衛星測位システムの総称で、よく知られるのはアメリカのグローバル・ポジショニング・システム(GPS)・ロシアのグロナス測位システム(GLONASS)・中国の北斗衛星導航系統(BDS)・EUのガリレオ測位システム(Galileo)です。中でもアメリカのGPSはカバー範囲が広く、24時間稼働しているため、もっとも広く利用されているシステムになっています。

 GPS測位の動作原理と重要性 

■ GPSは三角測量原理を使っているため、構成要件には少なくとも三つのGPS衛星からの信号と、受信機が必要になります。三つの衛星からの信号が受信機に届く時間を測定し、各衛星の位置と受信機との距離を推定しながら位置と高さを算出します。そのため、受信した衛星からの信号が多ければ多いほど、測位の正確性も高くなります。

■ GPSは軍事・ナビゲーション・スマート生活圏・IoT・IoV・無人車・個人携帯測位システムに利用されており、その重要性がうかがえます。しかし、GPSによる測位は、天候・信号の屈折・建物の遮蔽・レーダーの干渉・受信機のソフト・ハードウェアの品質に影響を受け、誤差が生じる可能性があります。

■ 誤差による影響は大きく二つに分かれます。実際の場面を想像してみましょう。

– 信号の転送速度が遅い場合:運転者が即時にナビゲーション情報を受け取れない場合、方向を間違えてしまう恐れがある。

– 位置が不安定:運転者が間違った位置情報を受け取ってしまった場合、運転の安全性を損ないかねない。

 アリオンの三つの検証サポートで、衛星信号の誤差と盲点を克服 

受信機とナビゲーションの信号転送の精度を確保し、ユーザーエクスペリエンスを損なうことを避けるため、あらかじめ反復・多重検証を行うのが大切です。アリオンはお客様の需要に合わせ、三つの衛星信号検証プランを提供します。

衛星信号検証のベストパートナー、アリオン

アリオンはソフトウェア検証だけでなく、各分野においても長年の検証経験をもっており、衛星信号検証の重要項目について、検証・改善プランを提供することができます。

  1. チップ性能:信号の転送速度と強度は受信機の測位精度に影響し、ナビゲーションの正確性を左右します。
  2. 演算力:ソフトウェアの演算力は障害物がある際の位置判定・推定において、大きな役割を果たします。
  3. 画像データ:ナビゲーションの画像データが正確であれば、正確な位置画像判定機能を提供できます。