シグナル・インテグリティとは?

シグナル・インテグリティの主な目的は、接続されたケーブルに流れる信号の転送品質を維持し、外部からの影響を避けることです。下記のような要因は、信号テストの結果に影響を与える可能性があります。

  1. テストポイント
  2. テスト対象の半田付けの角度
  3. 信号ルートの長さ
  4. 周辺素子による干渉
  5. ブリッジプレート
  6. テスト方法

事例:テストポイントの違いによって異なるテスト結果

アリオンが行ったMIPI D-Phyによる実際のテスト結果を参照すると、テストポイントの違いによってテスト結果が異なることがわかります。

  • 黄色く囲まれた部分:テストポイントの位置によっては、回線インピーダンスは素子の影響を受けて高くなり、信号が流れにくくなることがあります。これは信号伝送時間の長さで判断できます。

シグナル・インテグリティテストの重要性

技術の進歩に従い、新製品の開発は外部要因と切っても切れない関係になりました。かつてのような単純な設備と環境でのテストに比べ、シグナル・インテグリティテストのハードルは遙かに高くなっています。発売後のデバッグとデバッグによる損失を避けるために、アリオンの専門家がが最新機器を活用して事前検証を行います。アリオンはポイントに対して検証を行い、製品に潜むリスクの発見をお手伝いします。実際にテストを行った項目事例は以下のとおりです。Fail項目からそれに対応する製品の不具合が特定できます。

アリオンによるシグナル・インテグリティのテストプラン

アリオンは試験設備各種とフィクスチャを取り揃えており、専門家チームを有しているため、お客様のご要望に応じた様々なシグナル・インテグリティのテストプランを提供できます。

テスト範囲

eMMC HS200 Dataのテスト項目を通して、フィクスチャーの有無によるテスト結果の違いをみてみましょう。

  • 下図の反射信号(真ん中にある赤い線で囲まれた部分)を御覧ください。専用フィクスチャーを使用した場合、信号の揺らぎが比較的小さく、信号が安定していることが分かります。フィクスチャーを使用しなかった場合、信号の揺らぎが大きく不安定です。

主な検測機器


フィクスチャ