BBF.398 認証

今まで、室内のWi-Fi性能に関する規格基準が統一されておりませんでしたが、Broadband Forum(以下BBF)は世界初の規格基準「BBF.398無線性能試験プログラム」を発表いたしました。BBF.398の検証内容には受信デバイスの感度や帯域幅、安定性、干渉回避、マルチユーザーサポート、カバー範囲など6つの性能指標で構成されます。アリオンはBBFの認定によりBBF.398の認証試験機関として世界の通信事業者やネットワーク製品ベンダーに向けて、最適なWi-Fi性能試験および検証ソリューションを提供いたします。

お問い合わせ

アリオン、Broadband ForumよりBBF.398 認証試験機関として認定

アリオンは、2021年3月、ブロードバンドネットワーク仕様の開発に特化した業界団体であるBBFから認証試験機関の認定を受けたことをお知らせいたします。この認定により、アリオンは世界の通信事業者やネットワーク製品ベンダーに向けて、最適なWi-Fi性能試験および検証ソリューションの提供を開始いたします。

「BBF.398」とは?

ブロードバンドネットワーク仕様の開発に特化した業界団体であるBBFは、2019年2月にスペインのバルセロナで開催されたMWC 2019 (The 2019 Mobile World Congress)において、世界で始めてWi-Fi性能検証規格「TR-398」を発表しました。この新しい規格は、ネット回線の低速化、カバレッジ率の不足、干渉の要因が多いなどといったWi-Fiのユーザーに影響を与える原因に対し、Wi-Fi性能検証の規格基準となるものです。

従来の規格であるWT-398とTR-398から進化したBBF.398は、主に802.11n/ac/ax(Wi-Fi 4/Wi-Fi 5/Wi-Fi 6)に対応するルーターの性能を評価する規格です。

BBF.398は以下の6つの点からWi-Fi性能を検証するものです。

  • 受信デバイスの感度
  • 帯域幅
  • 安定性
  • 干渉回避
  • マルチユーザーサポート
  • カバー範囲

品質は大丈夫?BBF.398の評価で検証してみよう!

アリオンはご満足のいただけるWi-Fiパフォーマンスのテストを実施いたします。BBF.398テスト基準をベースとして無線検証環境を構築し、15つのテスト項目からルーターや各種類の端末製品の検証試験を行い、お客様の製品の品質維持を強力に支援いたします。

性能指標テスト項目テスト内容
受信機の感度(RF Capability)
1.受信機感度のテスト(選択可)(Receiver Sensitivity Test)DUTとシステムの間の受信機の感度を測定
帯域幅(Baseline Performance)2. マルチユーザーとの接続テスト(必須) (Maximum Connection Test)DUTと32個のWi-Fi設備との間の無線通信量を検証し、各端末システムの無線通信量が予想通りの結果を達成できるかの確認
3.極限性能テスト(必須) (Maximum Throughput Test)DUTがシステムと接続する際の各Wi-Fiのパフォーマンスの通信性能の検証
4.エアタイムフェアネス(必須)(Airtime Fairness Test)システムの無線通信パフォーマンスの変化に通じて、複数のユーザーに対するエアタイムフェアネスの能力を判定
5.デュアルバンドスループットテスト(必須)(Dual-band Throughput Test )DUTが 2.4GHzと5GHzの両方の帯域で複数のデバイスと接続する際のスループットを検証
6. 双方向スループットテスト(必須)(Bidirectional Throughput Test)DUTがデバイスと接続する際のアップリンクとダウンリンクのスループットを検証
カバー範囲(Coverage)7.カバー能力テスト(必須)(Range Versus Rate Test)DUTの無線通信が基準を満たせるかどうかを検証
8.360度方向性テスト(必須)(Spatial Consistency Test)端末製品とDUT通信距離などにおいて、無線通信量が基準を満たすかの検証
9. 802.11axピークパフォーマンステスト(必須)(802.11ax Peak Performance Test)DUTが802.11axで4空間ストリームと160 MHzのチャネルにおいての通信性能を検証
マルチユーザーサポート(Multiple STAs Performance)10.マルチユーザー性能テスト(必須)(Multiples STAs Performance Test)複数のユーザーを同時接続して、DUTとのWi-Fi通信性能が予期された結果を満たせるかどうかの検証
11.安定性テスト(必須)(Multiple Association/Disassociation Stability Test)16つのWi-Fi機器の接続状態を頻繁に変化させる環境においての安定性を検証
12.DL MU-MIMO性能テスト(必須)(Downlink MU-MIMO Performance Test)Wi-Fi機器のMU-MIMOの下り通信性能の検証
安定性/耐性テストStability/Robustness13. 長時間安定性テスト(必須)(Long Term Stability Test)DUTが長時間作動した後の無線通信の安定性の検証
14.複数信号の耐性テスト(必須)(AP Coexistence Test)Wi-Fi信号に干渉された時に、DUTの通信量が期待値を満たせるかどうかの検証
15. 自動チャネル選択テスト(必須)( Automatic Channel Selection Test )DUT(AP)が Wi-Fiチャンネルの利用状況によって自動的に最適なチャンネルへ変更できるかどうかの検証

テスト内容はBBFが2021年3月発表したWi-Fi Residential & SOHO Performance Testing, Issue 2を抜粋したものとなります。BBF.398認証プログラムに関するご不明点やご質問がございましたら、お気軽にservice@allion.co.jpまでお問い合わせください。

BBF.398認証試験 ラボ設備「octoScope」

アリオンはお客様に最高品質のテストサービスを提供できるよう、octoScopeと提携し無線検証サービスを提供します。octoScope の自動化検証ソリューションにより、定量化かつ再現性でより正確な結果を収集することができます。またこの設備はWi-Fi 6(802.11ax)認証およびメッシュWi-Fi検証試験にも使われます。

以下の試験項目に対応いたします。

  • Performance
    • MIMO OTA Throughput
    • MU-MIMO Gains
    • Load Testing
    • Roaming
    • RX Sensitivity
  • User Experience
    • Adaptation to Impairments
    • Roaming Behavior

関連する試験サービス