Tag Archives: IVIシステム

わずかな差で数千kmの損失に!IVIシステムのタッチ精度の実測結果が判明

Allion Labs  IVIシステムの成功の鍵:パネルのタッチ精度 現在の自動車産業でIVI(In-Vehicle Infotainment)は車内で不可欠な一部となり、運転や乗り心地の利便性と快適さを向上させています。また、カーナビゲーション、音楽再生、通信、車両情報の表示など、さまざまな機能が高度に統合され、これらの機能はすべてタッチスクリーンでの操作に依存しています。このような状況でIVIシステムのタッチ精度が悪いと、音量を調整しようとして、タッチミスにより音楽が切り替わったり、曲を切り替える際に、タッチミスでナビゲーションの目的地が変更されるなど、ドライバーは操作ミスや機能のオン/オフを混同してしまう問題に直面する可能性があり、これでは運転体験に深刻な影響を与えるだけでなく、安全運転に多くのリスクをもたらします。また、ユーザーがシートヒーターやエアコンをオンする際、タッチミスで実際には起動せず、ユーザーは寒さや暑さで混乱や不便を感じるかもしれません。こうした問題は、タッチの精度がユーザーの操作体験と安全運転にとってどれほど重要かを明示しているだけでなく、IVIシステムの厳密なテストが必要であることを物語っています。 高度で複雑なタッチ精度のテストは、第三者ラボに任せるが効果的  タッチ精度のテストでは、メーカーはドライバーのタッチ動作をシミュレーションし、繰り返し実行する精度の確保に頭をかかえることがよくあります。なぜなら、これには高精度のハードウェア設備(例:UR5ロボットアーム、繰り返し定位精度が±0.01mm未満)が必要なだけでなく、目標座標の計算を行って正確にテストを実行し、正確な結果を捕捉するには非常に複雑な作業が必要だからです。ほとんどのメーカーにとって、テスト機器の価格が高すぎるだけでなく、テストに関する専門的な知識と実務経験も必要としす。したがって、アリオンのような専門の第三者ラボの協力を得ることで、メーカーは新製品や新機能の開発に限られたコストと時間を効果的に投資でき、イノベーション能力を向上させ、市場での競争力を維持することができます。 タッチ精度のテスト方法とは?実際のテストケースで詳しく説明 あるタッチパネルメーカーを例に挙げると、誤差の基準が1mm未満であることを求め、タッチ精度の検証をアリオンに依頼されました。アリオンの先進的なURシリーズ協力型ロボットアームと、独自のカスタマイズされたクランプ治具を組み合わせ、81の目標ポイントに対してテストを実施した結果、2つのポイントのオフセットが1mmを超えていたことがわかりました。メーカーによる調整とアリオンの再検証を経て、最終的にすべてのタッチポイントの誤差が1mm未満に収まり、ブランドの高い品質要件を満たすことができました。 これらの使用シーンでの実際今回のテストの結果は、業界をリードするアリオンの先進技術を示すだけでなく、高精度タッチ技術に対する市場の切実なニーズも反映しています。自動車技術に対する消費者の要求がますます高まる中で、正確なタッチ反応が市場競争において重要な要素となっています。アリオンの専門コンサルティングチームは市場トレンドを深く理解したうえで、技術分析から実際のテストに至るまで包括的なソリューションを提供し、お客様が市場ニーズに応え、製品の競争力を高められるようサポートします。 アリオンのテストレポートには詳細なデータ分析だけでなく、お客様が製品を正確に調整できるように、的を絞ったソリューションも提供しています。アリオンは市場トレンドやお客様のニーズに基づいてカスタマイズされたテストソリューションを開発しながら、継続的にテスト技術も更新しています。私たちの目標は、専門的な問題分析とソリューションの提供を通じて、お客様が市場で優位性を獲得し、ブランドの価値を向上させることです。 Faster, Easier, Better ― 最も信頼できる検証コンサルタント アリオンはIT分野で30年以上のテスト検証経験を積み重ね、包括的なスマートテストのアドバイスとその分析により、車載IVIシステム向け総合的なテストソリューションを提供します。より迅速、簡単、正確な技術サポートをお客様にお届けし、自動車関連メーカーが優れたユーザーエクスペリエンスを提供するお手伝いしています。 [...]