Category Archives: AV – Risk Identification

DisplayPortからHDMIへの変換で画面が乱れる原因とは?

Allion Labs  HDMIフォーラムがHDMIインターフェースが可変リフレッシュレート(VRR)機能をサポートすることを発表した一方、もう一つの技術標準化団体であるVESA協会もAdaptive-Sync機能をDisplayPortの追加分としてリリースしました。これらの機能は、画面のティアリングの発生をしないように設計されており、両方ともゲーム製品で広く使用されています。ただし、市場に出回っているゲーミング製品がHDMIまたはDisplayPortインターフェースを同時に搭載するわけではありません。その結果、インターフェース接続の役割を果たすDisplayPortのAdaptive-Sync からHDMIのVRRに変換するアダプタ製品が登場しています。 DisplayPortからHDMIへの変換アダプタは完璧のような産物ですが、変換効果が不十分であったり、機能が正常に動作しないといった様々な状況に遭遇した場合、ユーザーにマイナス評価を与えるだけでなく、製品返品の危機ももたらします。変換アダプタ製品が市販される前の関連検証の重要性は言い過ぎではありません。 DisplayPortからHDMI変換機器に潜在的なリスクとその解決策 アリオンが過去のテスト経験では、DisplayPort Adaptive-SyncからHDMI VRRへの変換アダプタが、期待されていた画面のティアリングを防ぐ機能を達成できないケースがありました。結局、エンドユーザーはティアリングされた画面を見ることになり、ネット上でマイナスレビューを書きました。  問題点の説明  不具合背景:この製品はDisplayPort(Adaptive-sync)からHDMI(VRR)への変換アダプタです。PCのDisplayPortインターフェースに接続され、一方でHDMIインターフェースを搭載するディスプレイに接続されます。 問題点確認:アリオンはメーカーさまのテスト依頼を受け、連続したリフレッシュレートの変更テストを通じて、画面が確かに乱れることが確認しました。また、この変換機器を介さないと、HDMIとDisplayPortのモニター画面は正常に戻りました。  問題分析と解決策  アリオンはTeledyne LeCroy Quantumdata [...]

静かな環境を守る戦い:低周波ノイズを解決する秘訣とは?

Allion Labs  静かなものづくりの推進者:アリオンの製品ノイズ識別/測定/分析コンサルティングサービス 騒音は人間の健康と生産性にネガティブな影響を与えます。静音機能を備えた製品は、発売以来消費者に広く支持されており、「製品の静音」に対する評価結果は、消費者が重視する重要な評価項目の一つとなっています。アリオン音響コンサルティングチームは長年市場動向に注目し、主要メーカーとの緊密な協業を通じて、低バックグラウンドノイズに対する業界のテストニーズをきちんと把握しています。高精細な音響製品の調整でも、電化製品が動作する際の静音性確認でも、当社は関連するテスト環境を構築しテストニーズに対応することができます。 製品の微細な音を捉え、製品の低ノイズを求めるニーズに応える 無響室環境では、音の反射を吸収することで直接音だけを残し、環境干渉の影響を排除して完璧な「白いキャンバス」を提供しています。 無響室の仕様:カットオフ周波数特性は100Hz以下、暗騒音も10dBA以下と低く、さらに-2dBAのマイク測定システムと組み合わせて、聞こえる広範な周波数の範囲で、正確で極めて低干渉な測定データを提供します。同時に、Head Acoustics ACQUA、B&K、Audio Precision、GRAS、Listen Sound Checkといったトップブランドの専門的でハイエンドな音響測定機器を使用して、当社の豊富な経験を組み合わせ、より速く、より便利で、より高品質な製品ノイズ識別/測定/分析コンサルティングサービスを提供することができます。 アリオンは、以下のような製品ノイズ識別/測定/分析コンサルティングサービスを提供しています。 1. ノイズ源の位置 ノイズ源の位置を正確に特定し、PCB上の微小なSMDコンポーネントでも問題ありません。 [...]

ゲーミングモニターが期待されるVRR機能は製品をより完璧にするか?

Allion Labs  HDMIはオーディオ・ビデオ製品の主なインターフェースの一つであり、高い成長が見込まれるゲーム市場に伴い、HDMI 2.1仕様ではゲーミング製品向けにVRR(可変リフレッシュレート)機能が追加されることで、ユーザーがゲームをプレイする際に画面のティアリングや遅延を軽減するように期待されます。VRR機能は現在、PS5、XboxなどのゲームコンソールやNvidia、AMDなどのハイエンドグラフィックスカードで一般的にサポートされており、ゲーマーがゲームモニターの購入を検討する際の重要な評価基準となっています。 ゲーミングモニターの画面遅延とその解決策 ゲーミングモニターはハイエンド製品と思われ、性能を正常に発揮できるかが非常に重要になっています。アリオンは市場で大手ブランドやODMと長期的な協力関係を築いており、実際のテスト経験の中でVRR機能を導入したモニターの画面がスムーズでない状況が多少あることがわかりました。 VRR機能はゲームプレイをよりスムーズにするためのものであるべきですが、なぜ画面に遅延が生じることがあるのでしょうか?そこでアリオンの専門コンサルタントチームの分析によると、早期のHDMI認証ではVRRテストに静的なパターン(Pattern)が使用されており、画面の色や点滅の有無しか確認できず、VRR機能が正常に動作しているかどうかを十分に検証することができませんでした。  解決策  この問題に対し、アリオンは最新のVRRテストに動的なパターンを使用し、高速カメラと組み合わせて画面にティアリングや遅延などの問題が発生していないかを十分に確認できます。アリオンの総合的なVRR検証ソリューションにより、ゲーミング製品が最適な性能を備えていることを確認できます。 テスト内容:テストパターンは4つのブロックで構成されており、各ブロックは左から右に移動します。 検証方法: 1. 高速カメラを使用してテスト画面を録画する 2. 録画したビデオをフレームごとに再生するプレーヤー(Frame-by-Frame)を使用して、各ブロックが順番に移動するか、そしてティアリングや遅延などの現象が発生していないかことを確認する [...]

より高速なWi-Fi 5/6GHzにスマートテレビを接続しませんか?
より高速なWi-Fi 5/6GHzにスマートテレビを接続しませんか?

Allion Labs  スマートテレビの接続についてどのくらい知っていますか? スマートテレビのインターネット接続機能を使えば、音楽、NetflixやYouTubeなどの使い慣れたストリーミングプラットフォームに、スマートテレビから簡単にアクセス鑑賞でき、充実した家での生活をエンジョイすることができます。 こうした娯楽を楽しむ前に、スマートテレビとワイヤレスルーター間の接続を設定しますが、ほとんどの人はワイヤレスネットワークについてあまり知識がないため、通常はテレビの推奨する手順に従い、ワイヤレスルーターを選択してパスワードを入力し、テレビが自動で接続設定を行うことが一般的です。しかし、高周波と高速な環境が求められている現代社会では、このような一見シンプルで便利な設計が、間接的にワイヤレス接続の品質と転送効率を低下させる可能性があります。 上記の問題は、一般的なテレビが自動で接続を行う場合、通常2.4GHzの「周波数帯域」だけがデフォルトに設定されていることが原因です。もし家庭内に、ノートパソコン、タブレット、スマートフォン、スマートホームデバイス、各種Bluetoothデバイス、さらには家庭用ワイヤレス電話や電子レンジなど、同じ2.4GHz帯域を使用するワイヤレス接続デバイスが多数ある場合、同じ帯域内のデバイスが多すぎて互いに干渉し合い、接続の品質に影響が出てしてしまいます。 周波数帯域が混雑すると、相互干渉しやすくなるだけでなく、相互に割り当てられた帯域が相対的に減少し、通信速度が低下したり、ひどい場合には、スマートテレビで再生しているストリーミングビデオにカクつきが発生することがあります。 アリオンの解決策 上述したユーザーの生活習慣と設計上の潜在リスクに対し、アリオンのスマートテレビ検証コンサルタンティングチームは、スマートテレビメーカーが製品品質を確保できるように、次の2つの側面からアプローチすることを提案しています。  1. ハードパワーの基本を確保  スループットと干渉解析 専門の無線信号テスト環境と検査機器を構築し、製品の基本的なスループットと耐干渉性能が要件を満たしているかどうかを検証することができます。 相互接続性と互換性の分析 アリオンは長期間にわたり新しい無線規格を把握しており、市販されている主要な各ブランドのアクセスポイントを継続的に購入しています。これらの製品を数百台使用して、お客様のテレビ製品が、現在市場で主流となっているAP製品と互換性があるかを総合的に検証することができます。 [...]

なぜ高品質の視聴体験を実現すべきハイエンド・テレビが8チャンネル音声を出力できないのか?
なぜ高品質の視聴体験を実現すべきハイエンド・テレビが8チャンネル音声を出力できないのか?

Allion Labs  近年、より高い音声効果への要求は増えており、数多くのオーディオ製品では、HDMIという重要なインターフェイスとして利用されています。HDMI 2.1仕様のeARC機能は、HDMIケーブルでデジタルオーディオの伝送が可能になり、Dolby TrueHD、Atmos(アトモス)など音声フォーマットに対応するほか、8チャンネルのスピーカーをサポートすることで、映像・音楽コンテンツを存分に楽しめることができます。 オーディオ製品を代表する新世代のハイエンド・テレビは、基本的にはeARCに対応していますが、eARC対応を宣伝するテレビの中には、設計上の見落としが原因で実際8チャンネルの音声を出力できず、充分なパフォーマンスを発揮できないものがありました。高品質な音声効果を楽しみたいユーザーにとって当然不快に感じてしまって、ブランドイメージに影響する可能性があります。 テレビがHDMI接続時に音声が流れない? テレビのeARC音源には、2つがあります。1つはHDMI Inputからの音源です。例えばPS5がテレビのHDMI1 inputと接続すると、PS5からの音声がeARC対応のHDMI3 inputからアンプに伝送します。もう1つは、Ethernetの経由によるNetflixのような非HDMI Inputです。一般的にはテレビはスピーカーの制約で2チャンネルのLPCMまたはAC3しか受信できませんが、eARCに対応するアンプと接続すると、テレビが受信できる音声の仕様をEDIDで同期更新できるため、受信したDolby DTS-HD、8チャンネルの音声をアンプに送信することができます。  事例とその解決策  アリオンは多くのテレビメーカーと協力してきた豊富な事例の中で、あるお客様は、自社のテレビ製品がHDMI認証試験に合格しましたが、製品リリース後テレビの音響効果が悪いというクレームが殺到し、品質欠陥の主な原因の発見をアリオンに依頼されました。 [...]

より没入感の高いMeta Quest 3は、本当にVR体験を進化させることができるのか?

Allion Labs  Quest 3:仮想を超えて現実へ Quest 3は発売後最も完成度の高いVR体験を提供していると言われます。市場動向とテストニーズを常に把握している当社は、当然のことながらすぐに製品を購入し、開封して体験してみました。アップグレードされたQuest 3は外観、サイズ、着用の快適さが大幅に向上しており、クリアで直感的なコントロールや先進的なセンサーにより、驚くべきインタラクティブ体験を提供しています。立体音響カラーの遠近法 、ハンドトラッキング作用、カスタマイズされた仮想環境設定などの多様な機能により、ユーザーは別の世界に入り込んだような感覚になり、いつでも世界中のユーザーと遊ぶことができます。 しかし、この種の使用体験を強調する製品がユーザーの期待に応えるためには、包括的な製品テストと潜在的なリスクの評価が不可欠です。特に立体視、ヘッドトラッキング、アイトラッキング、ジェスチャーコントロールなど、VR技術においてカギとなっている多くのハードウェア要素は、技術の進化のおかげでよりリアルな仮想体験をもたらしますが、この体験には常にハードウェア要件と性能指標の向上が必須 で、関連する検証テストもますます複雑になっています。 没入感のある体験を実現する前に、まず製品の現実問題を解決する アリオンの専門家チームは徹底的に使用したうえで、VR製品が直面する可能性のある潜在リスクを次のように整理しました。 1. 有線接続の互換性の問題:デバイスが正しく接続されない。 2. WiFi接続の問題:デバイスがWiFiに安定して接続できない。 3. Bluetooth接続の問題および他のデバイスとのペアリングの問題:他のデバイスにワイヤレスで接続ができない。 4. センサー機能の故障や異常:デバイスがユーザーの動作や位置を正確に追跡できない。 5. オーディオの問題:音声が歪んだりノイズが発生する。 [...]

商用ディスプレイの寿命と信頼性を確保し、HALT検証で全段階の製品状態を明らかに

Allion Labs  現代において、ディスプレイはデジタル機器の利用に不可欠な存在となっており、特に近年では多くの商用ディスプレイが登場しています。ビデオウォール、デジタルサイネージ、タッチディスプレイといった大型商用ディスプレイは、小売業、レストラン、カンファレンスセンター、ショッピングモール、ホテルなどの空間で利用されています。さらには屋外マルチメディアや公共交通機関のディスプレイなど、多様な場面で使用されており、従来の消費者向けディスプレイに比べて、耐久性と製品寿命がますます重視されています。 商用ディスプレイの耐久性/寿命リスクと実例紹介 アリオンの豊富なテスト事例の中で、ディスプレイを長時間使用した後に、色調のずれやムラ、パネルの異常、パネル内部の亀裂などで、製品が正常に動作しない異常な状態が発生するケースが多くありました。 従来のディスプレイでは、温度、振動、落下テストなど、さまざまなストレステストを個別に実施して耐久性テストを行うのが一般的でした。しかし、商用ディスプレイは消費者向けディスプレイよりも使用頻度が高く、温度変化や振動ストレスが同時に発生します。ここでは、交通機関で使用される商用ディスプレイを例に挙げて説明します。アリオンの専門家チームが解決策として提供するHALT高加速寿命テストで、設計の初期から中期にかけて、製品設計の長所と短所を迅速に理解することができ、段階的に増加する環境ストレスを設定して、異なる段階の製品の弱点、例えば設計上の欠陥、製造上の欠陥、使用上の欠陥を明らかにすることができます。そして、アリオンが豊富なテスト経験に基づいて、お客様に根本原因およびデバッグの方向性を提供することで、開発エンジニアは正しい方向性の下で、設計を修正したり部品を交換したりすることができ、環境ストレスに対するディスプレイの耐久性と信頼性を向上させることができます。 Faster、Easier、Better ― 最も信頼できるディスプレイ製品検証コンサルタント 実際のテストで、温度ストレスと振動ストレスがディスプレイに影響する状況が発生しました。低温ストレステストではディスプレイの彩度が低下し、画面内容が見えにくくなりました。総合的なストレステスト(高低温ストレス、衝撃と振動ストレス)では、画面の半分が白くなり情報が表示されず、画面全体が点滅する状態が発生しました。HALT検証ソリューションを使用することで、問題をより迅速に発見できるだけでなく、単一の環境ストレスでは発生しないリスクを特定することもできます。 アリオンは豊富なテスト経験と特殊なテスト設備を活用し、次の3つの利点を持つ高加速寿命テストを提供します。  Faster ー より迅速  通常の信頼性テストには1か月以上、またはそれ以上の時間がかかりますが、HALTテストはテストサイクルを短縮し、わずか5〜10営業日で完了することができます。 デイリーステータスレポートをお客様に提供し、毎日DUTのテスト進捗やどのような問題が発生しているかを明確に把握できるようにします。  Easier ー より簡単  ネットワークアプリケーションを活用して、お客様がDUTのステータスをリモートで監視または制御できるようにします。 テスト中DUTに問題が発生した場合、お客様に部品の交換やPCBAのSOPを提供していただき、現場で即座に部品やPCBAを交換し、テストを継続できるようにします。 [...]

「手を使わず口で」操作してスマートライフを実現。でも『それ』に引っ張られてない?

Allion Labs  近年、世界の音声アシスタント市場の利用率と市場規模は大幅に拡大しています。2022年世界の音声アシスタント市場は約46.627億ドルで、2031年までに385.395億ドルを超え、2023年から2031年までの期間の年間平均成長率は26.45%になると予測されています。 スマートホームエコシステムがますます拡大するトレンドの中で、音声アシスタント機能をサポートするスマートテレビは欠かせない重要な役割を果たしています。消費者は音声アシスタントを通じてテレビと対話し、テレビ機能を操作したり、Matter通信プロトコルを介して、様々なスマートホーム製品を制御したりすることができます。 コマンドを理解できない音声アシスタント…話せば話すほどイライラ? しかし、アリオンは、長年にわたる検証の経験に基づいて、スマートテレビの音声アシスタント機能をスムーズに実行するには、次のようなさまざまな課題があることが分かりました。 音声認識能力 音声アシスタントの動作安定性/正答率 音声データの伝送能力 音声操作インターフェースの管理 製品のワイヤレス干渉防止能力 マイクのハードウェア設計 環境ノイズに対するノイズキャンセリング能力 上記の潜在的なリスクに対して、考えられるリスクを検証するために、次のようにシンプルな使用シナリオを設計しました: テレビのBluetoothリモコンを手に取り、リモコンのマイクに向かって「YouTubeで音楽を再生して」と音声コマンドを発すると、テレビが自動的にYouTubeで音楽を再生し始める。 [...]

テレビもMatter対応を開始!無線接続の裏に潜むリスクをいくつ知ってますか?(1)
テレビもMatter対応を開始!無線接続の裏に潜むリスクをいくつ知ってますか?(1)

Allion Labs  スマートホームの重要なマイルストーン – Matterプロトコル 調査機関Fortune Business Insightsによると、世界のスマートホーム市場は2022年時点に802.1億ドル相当で、年間平均成長率20.1%で成長を続け、2023年の939.8億ドルから2030年には3,382.8億ドルに達すると予測されています。 急速に成長する世界のスマートホーム市場では、主要なスマートホームIoTエコシステム間に互換性がないという問題を解決するために、Amazon、Apple、Google、Samsungなどの主要メーカーが中心となり、新しい標準「Matter」を立ち上げました。これにより、スマートホームエコシステムが簡素化され、Wi-Fi、Bluetooth、Threadを介した接続を通じて、さまざまなスマートホームデバイスの相互運用性と使いやすさが向上しました。現在、「Matter」規格団体であるCSA(Connectivity Standards Alliance)はすでに250を超える企業が参加しており、Matter技術を導入した製品がますます増えて、消費者がスマートホーム製品を購入、設定、使用する際により便利になることが期待されています。 これまで、消費者がスマートホームエコシステムを構築する場合、各ブランドに専用のゲートウェイ製品を組み合わせる必要があり、異なるエコシステム間では相互に通信することができませんでした。しかしMatterによるスマートホームエコシステムは、専用のゲートウェイ製品に縛られず、Matter認証を受けたホームコントロール製品を使用するだけで、相互にユーザーインターフェース(リモコンやスマートスピーカーなど)を組み合わせ、元々異なるエコシステム内のスマート家電製品を制御することができます。 引き続き中心的な役割を果たすテレビ、スマートホームエコシステムを結びつける テレビは長い間スマートホームエコシステムにおいて中心的な役割を果たしてきましたが、Matterエコシステムでは、次のように、より多様な役割を果たすことになります。 ホームコントロール:クラウドかローカル接続を介して、ヒューマンコンピュータ相互コントロールインターフェースを利用し、Matterエコシステムにおけるデバイスを制御します。 [...]

歌いたいのにスマホに接続できない?ポータブルカラオケマイク製品に潜むリスクとは?

Allion Labs  万能カラオケツール: ポータブルカラオケマイク 音楽は人間の精神の糧であり、社会活動の一環であるだけでなく、達成感を得て心を癒すことができます。テクノロジーの進歩に伴い、音楽再生は従来の有線からワイヤレスへと進化し、ワイヤレスBluetoothイヤホンやスピーカーなどの製品で、いつでもどこでも音楽を楽しむことができるようになりました。しかし、音楽の魅力はそれだけにとどまりません。ポータブルカラオケマイクの登場により、マイクとスピーカーの機能が組み合わさり、私たちは単なるリスナーから音楽を奏でる主役となり、自分のテーマソングを思う存分歌うことができるようになりました。また、原曲の歌声を消し、特殊効果の伴奏やエコーの調整といった多様な機能性と持ち運びの便利さから、まるでプロ仕様のカラオケルームにいるような感覚で時と場所を選ばず歌って、親しい友達や家族と思い出に残る時間を共有することができ、これまでにない歌唱体験を生み出しています。 しかし、ポータブルカラオケマイク製品の裏には、設計と製造上のさまざまな課題が潜んでいます。製品があらゆる面で基準を満たし、消費者の期待に応えるためには、あらゆる潜在リスクに真正面から向き合う必要があります。アリオンの専門的なテストサービスは、製品が市場にリリースされる前に重要な役割を果たしています。全面的なテストと検査を経て、ポータブルカラオケマイクのユーザーエクスペリエンスが消費者の期待を満たすよう保証します。 ポータブルカラオケマイクによくある問題と実例の紹介 過去に取り扱った事例から、アリオンは注意が必要な特定の問題をいくつか発見しました。例えば、 Google Pixel 6スマートフォンで、ポータブルカラオケマイクの専用アプリがペアリング解除されると、再度スマートフォンでデバイスがペアリングできなくなることがわかりました。 この事例は、デバイスが特定のブランドやモデルのスマートデバイスとの間に互換性の問題を抱えていることを明確に示しており、アリオンのコンサルティングサービスである「互換性テスト」項目の重要な焦点の一つにもなっています。 アリオンは、これまで長年にわたって積み上げてきたこのタイプの製品に対するテスト経験から、よくある問題を以下の通り整理してみました。 ・すべてのスマートフォンやタブレットで正常にペアリングできるわけではない ・使い方が直感的でないか複雑すぎる [...]