Category Archives: IIoT関連記事

変革の時代にIIoTへの取組を進めるにすべきことはなんですか?

変革の時代にIIoTへの取組を進めるにすべきことはなんですか? 新規事業開発プロセスにおいて、新しいテクノロジーの動向やよりいい効率に対応できることなどは、グローバル化市場での競争力とつながると考えられます。 第三次産業革命に続き、IoTによる技術の革新を踏まえるIIoT(Industrial Internet of Thingsの省略。「産業分野向けIoT」ともいう)が誕生しており、製造業界で大きな変化が起きました。 調査会社であるIndustryGlobalNews24によると、製造業において経営者の約67%以上が生産プロセスにIoTを導入したことが分かりました。IIoTでは設備・デバイス・人間などのあらゆるモノの集合体が相互に接続しながら通信します。このような複雑な相互連携によって、デバイスを通じて収集されたデータを分析できるようになり、生産オペレーションの最適化と効率化を向上させ、自社の競争優位性を高めることが期待されています。 工場のIoT化には二つの重要な要素:敏捷性と高度な自動化 また、海外の調査会社によると、工場のIoT化への期待を満たすため、「敏捷性」と「高度な自動化」が必要な変革ということが明示されています。その2つの目標を達成するために、下記のようなことに取り組む必要があります。 プロセスの最適化:一連の反復プロセスを自動実行する、ロボットの導入でさらなる効率化を実現 品質確保の最適化:AIの活用による製品品質検査で品質をより確実に把握 生産性の最適化:製品の生産履歴を正確に追跡可能 クラウドプラットフォーム:生産段階工程における情報を収集・統合し、生産ライン全体の生産能力、効率性、コストなどを分析することで、リスク管理や経営戦略策定を立てる際に参考になるツール。 インダストリー4.0の時代には、生産工程において既存の問題だけでなく、「潜在的な問題」を取り除くことでトラブルの再発防止になることが望ましいです。つまり、企業規模を問わず、リスクを「リアルタイム」に把握・解決できる能力が必要でしょう。 製造プロセスの革新には統合型のソリューションが必要 [...]