Tag Archives: 振動

電子機器が壊れる原因なる「それ」を無視しないで!

Allion Labs 観光トレンドが盛んな現代において、国内旅行でも海外旅行でも、ナビは移動ガイドとして最適であることは間違いありません。商業利用では、食事を正確に客の手元に届けるためにナビの精度に依存している職種(フードデリバリーサービス業など)もあります。このように、スマートフォンのナビゲーションは、現代生活において欠かせないモバイルアプリケーションの一つとなっています。 製品に潜在リスクをもたらす要因の一つは「それ」 フードデリバリーサービス業者は、通常ホルダーでスマートフォンをバイクに固定し、スマートフォンのナビゲーションを使用しますが、バイク走行中は状況が刻々と変化し、走行中に発生する振動が一部の機能に影響を与え、損傷してしまう原因となる場合があります。 「バイクのスマートフォンホルダーにスマートフォンを固定して、ナビゲーションアプリを使っている一部のユーザーから、カメラを起動できなくなったという声が上がっている」というニュース報道を見たことはありませんか?Apple公式(※)も、エンジンの振動が激しい車体上にスマートフォンを置くと、カメラの機能が損傷する可能性があると認めています。これは生活の中で遭遇しうる一つの例にすぎませんが、振動が電子製品に与える影響は、実際には日常生活のいたるところに存在しています。 ※参考資料:オートバイの高出力エンジンなどの振動を受け続けると iPhone のカメラに影響することがある また別の使用シナリオとして、自転車用のサイクルメーター、Bluetoothイヤホン、スマートウォッチなど、私達が日常的に使用している必需品もそうかもしれません。健康意識の高まりとともに、私達は日々高機能になっているこれらの電子機器を、バイクや自転車などのアウトドアアクティビティに持ち出していますが、最も懸念されるのは、時間の経過とともに発生する振動が製品の耐久性に影響を与えるかどうかで、電子機器が耐えられる振動の程度も非常に重要になっています。 アリオンの対策 アリオンは上記の潜在リスクに対して、振動環境下でも電子機器の機能が正常に機能するかどうかを検証する対応ソリューションを提供することができます。振動試験機を使用して振動環境をシミュレーションして、電子機器の耐震動強度が基準に達しているかどうかを検証し、製品が外部の力で振動しても電子機器に損傷がないかを確認することで、製品の問題を事前に発見し、製品を調整してエンドカスタマーからのクレームを減らします。 アリオンは多種多様な振動試験機を所有しています。関連する仕様は次の通りです。  当社が保有する振動試験機の仕様  定格正弦ピーク力:6,762 [...]

AIと高速演算時代の到来:ホワイトボックスサーバーに潜むリスクとは?

Allion Labs  32GT/sのPCIe 5.0製品が市場に登場したことで、高速演算とAI人工知能の効果が顕著になっています。特に生成AIがすぐに人々の日常生活に浸透し、次第に様々な産業で重要な役割を果たすと同時に、高速伝送へのニーズも増加しています。この影響からサーバー市場は持続的な成長を続け、サーバーの世代アップグレードサイクルも短縮しています。 こうした中、個別のサーバー運用環境に最適化した設計のニーズが拡大しています。カスタマイズしたサーバーを購入したお客様にとって、運用コストの削減できる利点がありますが、分散調達後のケース、マザーボード、ストレージデバイスなどの組み立てによるシステム安定性は懸念されます。 さらに、マザーボードに高速のPCIe 5.0技術が導入され始めると、このようなサーバーはより深刻な潜在リスクに直面する可能性が高いと考えられます。 ホワイトボックスサーバーに潜む5大リスク  1. 冷却効果の不均衡  PCIe 5.0をサポートするCPUのTDP(Thermal Design Power)は350W以上で、冷却要件が非常に高くなっています。マザーボードによってCPUの設計位置が異なり、ケース内のファンに完全に対応することができないため、CPUの冷却が均一にならない問題が発生する可能性があります。  2. [...]

サーバーの安定性要件 – 振動と機械的衝撃

Allion Labs  毎日数十億もの人がインターネットを利用し、絶えずデータがクラウドに生成・保存されています。これらのデータは、ストレージサービスを提供する企業やプラットフォームによって、数百万にも上るハードディスクを備えたデータセンターに保存されます。データを保存・処理するためのコンピュータハードウェアデバイスであるサーバーは、通常ラックに取り付けられ長時間稼働する必要があります。個人用パソコンのハードディスクと似ていますが、サーバー内に取り付けられたハードディスクは、サイズが大きく数も多いです。サーバーデータ処理センターには、多くのハードディスクが上下に積み重ねられ、所謂筐体(シャーシまたはケース)内に配置され、複数の筐体がキャビネット内に配置されます。データセンターには非常に多くのキャビネットがあり、インターネットユーザーは、リモートでハードディスク内のデータにアクセスしているわけです。 しかし、ハードディスクは振動に非常に敏感であり、振動でハードディスクが損傷する場合があります。ストレージユニット全体には主に3つの振動源があり、ハードディスクの性能低下を引き起こします。 冷却用ファンの音による負荷 ストレージユニット上のファン振動の負荷、筐体を伝わって発生する振動と共振 ハードディスク自体の振動負荷 振動問題に対する研究は、励振(excitation)、システム、レスポンスの定義方法に関するものや、これら3つの関係を研究したものばかりです。励振は作用力およびエネルギーの源で、レスポンスは私達が関心を寄せる励振作用を受けた位置での振動反応のこと、システムは機械波が励起からレスポンスまでの間に物体を通過する範囲をそれぞれ指します。 例えば、サーバー内のハードディスクは、特定の周波数で大きな回転振動を受けると、性能が大幅に低下します。こうした問題では、ファンが励振源、ハードディスクと筐体の接続部の振動反応がレスポンス、筐体と関連する接続部品がシステムとなります。例えば、サーバー筐体の構造を設計する人は、自身の設計で冷却ファンを装着した後、ハードディスクの取り付け部の回転振動レスポンス特性がどうなるのか、特定の周波数で振幅が過大になるかどうか気にして設計します。 そのため、サーバーが極端な環境下で正常に動作するように、信頼性テストや耐久性テストなどの一連の関連テストを実施する必要があります。その中には、振動テストや機械的衝撃テストが含まれます。 1. 振動テスト:実際の作業環境で発生する可能性のある振動環境をシミュレーションするため、サーバーを異なる周波数や振幅の機械振動にさらします。これにより、サーバーがこのような環境で正常に動作し、ハードウェアコンポーネントに損傷や障害を引き起こすかどうかを確認することができます。 2. 機械的衝撃テスト:サーバーに突発的な衝撃を与え、予期しない衝突や落下に耐えられるかをテストします。これにより、サーバー輸送中に物流会社の運搬に耐えられるか、実際の使用中にどの程度の衝撃に耐えられるかを確認することができます。例えば揺れる車両の上など、サーバーが不安定な場所に設置されている場合、振動により故障する可能性があります。また、例えば衝突や落下するなどしてサーバーが強い衝撃を受けた場合、異常を引き起こす可能性があります。 サーバーが振動テストや機械的衝撃テストに合格しない場合、以下の影響が考えられます [...]