Tag Archives: ACMS

高速ケーブル製造ラインでの100%検証は可能か?

Allion Labs 5G、AI、自動運転車などのアプリケーションでデータ通信の需要が高まる中、ケーブルは伝送速度の向上だけでなく、1本あたりのチャンネル数も増加しています。従来ではケーブルの伝送速度が低く、チャンネル数が少ないし、伝送されるデータ量が比較的少なかったため、1チャンネルに問題があったとしても、システムにそれほど影響を与えないでしょう。しかし、現在では20Gbpsを超える高速インターフェースが誕生し、チャネルで伝送されるデータ量は膨大になり、1つのチャネルに問題が発生するとシステムが崩壊する恐れがあります。例えば、自動運転車のアプリケーションでは、1つのチャネルに問題が発生すると車両の制御ができなくなり、安全が脅かされます。そのため、システムの安定性と安全性を確保するために、市場に投入する前に各チャネルをきちんと検証する必要があります。 20時間かかるクロスキャリブレーション、効率をどう上げるか? サーバーで最も一般的に使用されるのは、PCIeや、MCIO、GENZ、SASなどのフォームファクターです。これらのフォームファクターは少ないチャンネル数x4のインターフェースを持っていますが、ほとんどはx8またはx16を使用しています。x8のチャンネル数には16対の高周波信号(TX + RX)があり、x16の場合、32対になります。この場合、高周波測定向けの高精度ベクトルネットワークアナライザ(Vector Network Analyzers、略VNA)は外部のRFスイッチを接続しなければなりません。 しかし、スイッチがあれば負担が軽減されるのでしょうか? x8のフォームファクターの場合、64ポートのスイッチが必要ですが、この場合、一般的なクロスキャリブレーションの方法でテストを実施する場合、エラーがなく、速度が低下しなくても、最低20時間かかります。 この問題を解決するため、アリオンはエレクトロニクスと無線通信の分野で世界をリードするローデ・シュワルツ(本社ドイツ・ミュンヘン、以下R&S)と協力し、Allion Cable-Connector Multiport System [...]