Allion Labs, Inc.(台湾)及びAllion Shenzhen, Inc.(深セン)は、2019年6月に米HDR10+ Technologies, LLCからHDR(ハイダイナミックレンジ)映像規格である「HDR10+」の認証機関としての認定を受けました。 また、アリオン・ジャパンは世界で最初の認証試験ラボとして、各メーカーの最新製品に対する品質検証・認証取得を含むトータルサービスを提供しており、HDR10+認証の普及に貢献しております。 この度アリオンではディスプレイ製品に対するHDR10+認証試験の実施及び技術コンサルティングサービスを、日本国内のみならず、台湾、深センでもタイムリーに提供可能となります。

 

■ HDR10+ について

HDR10+は、HDR10+ Technologies, LLC.が策定した映像規格です。映像シーン単位で最大輝度情報を”ダイナミックメタデータ”として付与することで、フレームやシーン毎の映像の輝度、彩度、コントラストに応じた最適なトーンマッピングを行うことができます。

■ アリオンのHDR10+認証プログラム

アリオンではHDR10+認証プログラムの実施に加え、映像に関連する総合検証やデバッグ支援サービスを提供しています。

【対象製品】

  • Display Device(TV/Monitor)
  • Mobile Display Device(携帯端末)
  • UHDブルーレイプレーヤー

HDR10+認証についてご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

アリオン株式会社 お問い合わせ窓口:service@allion.co.jp

■ 参考リンク

HDR10+認証について:https://www.allion.co.jp/certification/hdr10/

※ 本 Web サイト上に記載されている団体名、会社名、製品またはサービスの名称などは、各社、各団体の登録商標または商標です。

This entry was posted in . Bookmark the permalink.