Tag Archives: ユーザー体験

DisplayPortからHDMIへの変換で画面が乱れる原因とは?

Allion Labs  HDMIフォーラムがHDMIインターフェースが可変リフレッシュレート(VRR)機能をサポートすることを発表した一方、もう一つの技術標準化団体であるVESA協会もAdaptive-Sync機能をDisplayPortの追加分としてリリースしました。これらの機能は、画面のティアリングの発生をしないように設計されており、両方ともゲーム製品で広く使用されています。ただし、市場に出回っているゲーミング製品がHDMIまたはDisplayPortインターフェースを同時に搭載するわけではありません。その結果、インターフェース接続の役割を果たすDisplayPortのAdaptive-Sync からHDMIのVRRに変換するアダプタ製品が登場しています。 DisplayPortからHDMIへの変換アダプタは完璧のような産物ですが、変換効果が不十分であったり、機能が正常に動作しないといった様々な状況に遭遇した場合、ユーザーにマイナス評価を与えるだけでなく、製品返品の危機ももたらします。変換アダプタ製品が市販される前の関連検証の重要性は言い過ぎではありません。 DisplayPortからHDMI変換機器に潜在的なリスクとその解決策 アリオンが過去のテスト経験では、DisplayPort Adaptive-SyncからHDMI VRRへの変換アダプタが、期待されていた画面のティアリングを防ぐ機能を達成できないケースがありました。結局、エンドユーザーはティアリングされた画面を見ることになり、ネット上でマイナスレビューを書きました。  問題点の説明  不具合背景:この製品はDisplayPort(Adaptive-sync)からHDMI(VRR)への変換アダプタです。PCのDisplayPortインターフェースに接続され、一方でHDMIインターフェースを搭載するディスプレイに接続されます。 問題点確認:アリオンはメーカーさまのテスト依頼を受け、連続したリフレッシュレートの変更テストを通じて、画面が確かに乱れることが確認しました。また、この変換機器を介さないと、HDMIとDisplayPortのモニター画面は正常に戻りました。  問題分析と解決策  アリオンはTeledyne LeCroy Quantumdata [...]

静かな環境を守る戦い:低周波ノイズを解決する秘訣とは?

Allion Labs  静かなものづくりの推進者:アリオンの製品ノイズ識別/測定/分析コンサルティングサービス 騒音は人間の健康と生産性にネガティブな影響を与えます。静音機能を備えた製品は、発売以来消費者に広く支持されており、「製品の静音」に対する評価結果は、消費者が重視する重要な評価項目の一つとなっています。アリオン音響コンサルティングチームは長年市場動向に注目し、主要メーカーとの緊密な協業を通じて、低バックグラウンドノイズに対する業界のテストニーズをきちんと把握しています。高精細な音響製品の調整でも、電化製品が動作する際の静音性確認でも、当社は関連するテスト環境を構築しテストニーズに対応することができます。 製品の微細な音を捉え、製品の低ノイズを求めるニーズに応える 無響室環境では、音の反射を吸収することで直接音だけを残し、環境干渉の影響を排除して完璧な「白いキャンバス」を提供しています。 無響室の仕様:カットオフ周波数特性は100Hz以下、暗騒音も10dBA以下と低く、さらに-2dBAのマイク測定システムと組み合わせて、聞こえる広範な周波数の範囲で、正確で極めて低干渉な測定データを提供します。同時に、Head Acoustics ACQUA、B&K、Audio Precision、GRAS、Listen Sound Checkといったトップブランドの専門的でハイエンドな音響測定機器を使用して、当社の豊富な経験を組み合わせ、より速く、より便利で、より高品質な製品ノイズ識別/測定/分析コンサルティングサービスを提供することができます。 アリオンは、以下のような製品ノイズ識別/測定/分析コンサルティングサービスを提供しています。 1. ノイズ源の位置 ノイズ源の位置を正確に特定し、PCB上の微小なSMDコンポーネントでも問題ありません。 [...]

ゲーミングモニターが期待されるVRR機能は製品をより完璧にするか?

Allion Labs  HDMIはオーディオ・ビデオ製品の主なインターフェースの一つであり、高い成長が見込まれるゲーム市場に伴い、HDMI 2.1仕様ではゲーミング製品向けにVRR(可変リフレッシュレート)機能が追加されることで、ユーザーがゲームをプレイする際に画面のティアリングや遅延を軽減するように期待されます。VRR機能は現在、PS5、XboxなどのゲームコンソールやNvidia、AMDなどのハイエンドグラフィックスカードで一般的にサポートされており、ゲーマーがゲームモニターの購入を検討する際の重要な評価基準となっています。 ゲーミングモニターの画面遅延とその解決策 ゲーミングモニターはハイエンド製品と思われ、性能を正常に発揮できるかが非常に重要になっています。アリオンは市場で大手ブランドやODMと長期的な協力関係を築いており、実際のテスト経験の中でVRR機能を導入したモニターの画面がスムーズでない状況が多少あることがわかりました。 VRR機能はゲームプレイをよりスムーズにするためのものであるべきですが、なぜ画面に遅延が生じることがあるのでしょうか?そこでアリオンの専門コンサルタントチームの分析によると、早期のHDMI認証ではVRRテストに静的なパターン(Pattern)が使用されており、画面の色や点滅の有無しか確認できず、VRR機能が正常に動作しているかどうかを十分に検証することができませんでした。  解決策  この問題に対し、アリオンは最新のVRRテストに動的なパターンを使用し、高速カメラと組み合わせて画面にティアリングや遅延などの問題が発生していないかを十分に確認できます。アリオンの総合的なVRR検証ソリューションにより、ゲーミング製品が最適な性能を備えていることを確認できます。 テスト内容:テストパターンは4つのブロックで構成されており、各ブロックは左から右に移動します。 検証方法: 1. 高速カメラを使用してテスト画面を録画する 2. 録画したビデオをフレームごとに再生するプレーヤー(Frame-by-Frame)を使用して、各ブロックが順番に移動するか、そしてティアリングや遅延などの現象が発生していないかことを確認する [...]

より高速なWi-Fi 5/6GHzにスマートテレビを接続しませんか?
より高速なWi-Fi 5/6GHzにスマートテレビを接続しませんか?

Allion Labs  スマートテレビの接続についてどのくらい知っていますか? スマートテレビのインターネット接続機能を使えば、音楽、NetflixやYouTubeなどの使い慣れたストリーミングプラットフォームに、スマートテレビから簡単にアクセス鑑賞でき、充実した家での生活をエンジョイすることができます。 こうした娯楽を楽しむ前に、スマートテレビとワイヤレスルーター間の接続を設定しますが、ほとんどの人はワイヤレスネットワークについてあまり知識がないため、通常はテレビの推奨する手順に従い、ワイヤレスルーターを選択してパスワードを入力し、テレビが自動で接続設定を行うことが一般的です。しかし、高周波と高速な環境が求められている現代社会では、このような一見シンプルで便利な設計が、間接的にワイヤレス接続の品質と転送効率を低下させる可能性があります。 上記の問題は、一般的なテレビが自動で接続を行う場合、通常2.4GHzの「周波数帯域」だけがデフォルトに設定されていることが原因です。もし家庭内に、ノートパソコン、タブレット、スマートフォン、スマートホームデバイス、各種Bluetoothデバイス、さらには家庭用ワイヤレス電話や電子レンジなど、同じ2.4GHz帯域を使用するワイヤレス接続デバイスが多数ある場合、同じ帯域内のデバイスが多すぎて互いに干渉し合い、接続の品質に影響が出てしてしまいます。 周波数帯域が混雑すると、相互干渉しやすくなるだけでなく、相互に割り当てられた帯域が相対的に減少し、通信速度が低下したり、ひどい場合には、スマートテレビで再生しているストリーミングビデオにカクつきが発生することがあります。 アリオンの解決策 上述したユーザーの生活習慣と設計上の潜在リスクに対し、アリオンのスマートテレビ検証コンサルタンティングチームは、スマートテレビメーカーが製品品質を確保できるように、次の2つの側面からアプローチすることを提案しています。  1. ハードパワーの基本を確保  スループットと干渉解析 専門の無線信号テスト環境と検査機器を構築し、製品の基本的なスループットと耐干渉性能が要件を満たしているかどうかを検証することができます。 相互接続性と互換性の分析 アリオンは長期間にわたり新しい無線規格を把握しており、市販されている主要な各ブランドのアクセスポイントを継続的に購入しています。これらの製品を数百台使用して、お客様のテレビ製品が、現在市場で主流となっているAP製品と互換性があるかを総合的に検証することができます。 [...]