Tag Archives: 信号伝送

USBケーブルのデータ転送が遅い理由とは?

Allion Labs 情報伝送が盛んな現代では、データ、画像、音声・動画など、多くのデバイス間で高速ファイル転送が行われており、複数の転送ケーブルを所有するのが当たり前となっています。見た目はシンプルな転送ケーブルですが、実際にはさまざまな部品で組み立てられており、各部品そのものの高周波特性に加えて、部品間の加工や互換性もメーカーにとって大きな課題になっています。高周波の完全性を確認する前に、最初に克服しなければならない難題は、時間領域(Time Domain)での特性インピーダンス制御(Characteristic impedance)です。信号伝送のプロセスにおいて、伝送チャネルは水道管のようなものであり、滑らかに保たれなければなりません。 特性インピーダンスはどれぐらい信号の完全性に影響を与えるか? 特性インピーダンスは信号の完全性に非常に大きな影響を与えるため、高周波の母とも言っても過言ではありません。なぜなら、伝送チャネル内の設計や加工の不良のほとんどがここから見て取れるからです。実際の製品でよく見られる問題は次の通りです。 コネクタ端子の接触面積が不足し、信号が過剰に反射する 裸線の絶縁層包装が不均一なせいで信号に歪みが発生する 部品の配線や折り曲げの設計不良が信号の分散に悪影響を与える 製品加工部のハンダ付けや断線が信号伝送失敗の原因となる 設計及び製造プロセスにおけるすべての不良は、挿入損失(Insertion Loss)、反射損失(Return Loss)、送受信端の信号クロストーク(NEXT/FEXT Crosstalk)など、高周波特性全体に影響を与える可能性があります。また、製品の伝播遅延/遅延スキュー性能(Propagation [...]