Tag Archives: 損傷

ケーブルを長持ちさせたい!ケーブルの断線問題とその対策

Allion Labs 知っておきたい「Cable SR」 電子製品が日常生活に浸透しており、仕事や、学習、娯楽など様々な分野に活用され、切り離せないものとなっています。ユーザーが異なるデバイスを接続し、データ伝送や画面表示を実現するために、電子製品の周辺アクセサリーの一つとしてのケーブルは欠かせないものです。例えば、携帯電話、ノートPCなどのデバイスをプロジェクターあるいはディスプレイ機器に接続することで、画面を投影したりビデオを見たりします。ケーブルは様々な製品に接続するためHDMI、USB、DisplayPortなどそれぞれのインターフェースを搭載するだけでなく、「SR部品」をつけるのが一般的です。 SRとは、ストレインリリーフ(英:Strain Relief)の略称で、コネクタのケーブル側で根元での急激な曲げ等により生じた応力ひずみを緩和する部品です。この構造の主な目的は、使用中に接続部分にかかる引っ張り力や曲げストレスを軽減し、ケーブルの破損や変形を回避します。ストレインリリーフにより、ケーブル内部のワイヤーとコネクタの接触部分の断線が発生するのを防ぎ、ケーブルの寿命を効果的に延ばすことができます。また、使用中にワイヤーによってコネクタが引っ張られたり曲がったりしても、接続不良やケーブルの伝送効果を心配する必要がありません。 潜在的なリスク ケーブルは何度も使用された後に、ユーザーも気付かないような隠れた損傷があるかもしれません。ケーブル内部の部品は通常目に見えず、細かな検査やテストでのみ問題を見つけることができるからです。例えば、ケーブルが壁や狭く混雑した場所で接続された場合、コネクタのはんだが緩み、接触不良やショートを引き起こす可能性があります。また、銅や光ファイバーなどの伝送媒体が引っ張られたり曲げられたりすることで断線し、伝送効率や品質を低下させます。 ケーブルの被覆や外観に明らかな損傷や変形がなく、良好な状態のように見えても、内部の壊れやすい部品が損傷してしまって、ケーブルの劣化や通信障害が起きることがあります。そして機器を正常に使用できなくなったり、漏電、感電、発火などの危険な状況が発生するおそれがあります。 SRの保護が不十分な場合、 1. 内部芯線の露出、損傷 2. 絶縁破壊による内部で短絡が発生する [...]