Allion Labs

DisplayPort仕様の進化:ゲームアプリケーションと課題

VESA協会が2009年12月にDisplayPort 1.2仕様を発表して以来、2010年から、メーカーはディスプレイなどのデバイスにDisplayPortインターフェースを徐々に統合してきました。より高度なゲーム設置を追求し、ゲーム体験を向上させるために、ゲーマーはより大きな帯域幅と性能を持つDisplayPortインターフェースを採用しています。

昨今、DisplayPortの仕様はDP40/DP80に進化しました。その中で、DP40はUHBR10(4チャンネルで最大40Gbpsスループット)をサポートし、DP80はUHBR20(4チャンネルで最大80Gbpsスループット)をサポートしています。しかし、仕様がどんな進化しても、ユーザーは「DisplayPortピン20の連続性問題」に直面しているのが現状です。この問題は、特別仕様のDisplayPortケーブルのほうが、問題が発生することが多いです。ユーザーがこれらのケーブルをモニターとグラフィックスカードに接続しようとすると、起動および表示の問題に遭遇する可能性があります。

特別仕様のDisplayPortケーブル:電源のショート、グラフィックスカードの故障、モニターの損傷

DisplayPortケーブルDP_PWR(Pin 20)はVESAが策定した標準の一部であり、DisplayPortケーブルにDP_PWRピンがあることを示しています。VESAの仕様書によると、DP_PWR(Pin 20)には配線されていませんが、ソース側とシンク側の間でケーブルを接続すると、3.3V+/-10%の電圧と500mAの電流が供給され、次のような潜在的な問題が発生する可能性が高くなります。

1. ソースとシンクの電圧が完全に一致しない場合、DisplayPortケーブルのDP_PWRがショートする可能性があります。

2. グラフィックスカードがオフの状態でモニターがオンになっている場合、この接続はグラフィックスカードの故障やモニターの損傷を引き起こす可能性があります。

一部のメーカーが特別な目的(例えば電源供給)としてDP_PWRを使用する場合、ケーブルサプライヤーに特別な仕様のケーブルの製造を要求します。このような場合、これらの特別仕様のDisplayPortケーブルはDP_PWRの導通の問題が発生する場合があります。これらのケーブルが一般的なケーブルとして使用される場合、上記のリスクが発生する可能性があります。

 

アリオンの解決策

DisplayPortケーブルのDP_PWR(Pin 20)はVESAの準則では実際には接続されていませんが、特別な仕様のケーブルを誤って使用すると、他の製品の損傷を引き起こす可能性があります。したがって、標準仕様に合致するケーブルを使用することが最善の方法です。アリオンの専門家は、次の2つの解決策を提供しています:

1. 認定されたケーブルを使用する

2. DP_PWR(Pin 20)に実際のラインテストを行う

DP_PWR(Pin 20)はアリオンのDisplayPortケーブル認証テスト項目の1つであり、ケーブル特性については最も包括的なテストを行います。

Faster、Easier、Better ― DisplayPortケーブル検証コンサルティングサービス

アリオンはVESAに認定された試験機関として、関連する仕様や経験を保有します。また、以下の利点があります:

 Faster ー より迅速に 

アリオンはさまざまなインターフェースケーブルとコネクタの豊富なテスト経験を持ち、製品をテストする後に迅速にテスト結果を提供し、お客様が市場の先駆者になることを全力で支援します。

 Easier ー より簡単に 

豊富で包括的なテスト経験を持つアリオンは、テスト要件を受け取った後、迅速に実施可能性の評価を行い、適切なテスト項目の提案と対応する解決策を提供し、製品の問題を正確に解決します。

 Better ー より正確に 

アリオンは綜合的なテストサービスを提供し、各種テストデータを統合して分析し、製品の最適化をサポートします。また、カスタマイズされたテストや認証以外のテストにも対応し、さまざまな改善とテストの提案を行い、商品開発の時間を短縮します。

関連の検証テストサービスについてより詳しい情報をお求めの場合は、アリオンのお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

Contact Us

あわせて読みたい