Tag Archives: 試験

クロストークはドライブレコーダーの画像歪みの原因になった?

Allion Labs 近年、自動車や交通機関で設置するドライブレコーダーは重要な役割を果たし、普及率が年々高まっています。自動車だけでなく、日常的に交通手段としてのバスや、観光バス、物流輸送用のトラック、トレーラーなどにも活用されており、ドライブレコーダー搭載が定番になりつつあります。 ドライブレコーダーは、運転中の周囲の状況を記録するだけでなく、交通事故の際に客観的な証拠になることや、あおり運転などの被害の対策、防犯機能などのメリットがあります。全体として、ドライブレコーダーは事故防止や運転の安全性向上、ドライバ-自身の身を守ることに繋がり、運転する上で必須の製品となっています。 関連記事 真の画質テスト:特定シーンにおけるドライブレコーダーの実際のパフォーマンスについて 高解像度はハイビジョンと同じ?ドライブレコーダーの映像品質に迫る ドライブレコーダーの懸念要因:クロストークとは? 各メーカーが高画質の映像記録や安全警告写真機能を搭載させる際、通常、ドライブレコーダーに4K映像の超高解像度の同時録画機能を組み込み、これらのデータをメモリカードに保存し、高解像度の映像記録が完全かつ正確に保存されることを確保しています。これはドライバーがドライブレコーダーを購入する際の重要な考慮要因の一つです。 しかし、ドライブレコーダーの録画画質が悪くなったり、正しく記録されないなどのシステム障害が発生する可能性もあります。ドライブレコーダーの購入時には、メモリカードスロット内の破壊的なクロストーク干渉、特に近端クロストークの干渉問題について十分な理解と慎重な評価が絶対に必要です。このようなクロストーク干渉が実際の使用に影響を及ぼし、緊急事態時に有効な証拠や証明を提供できないリスクが大幅に増加するおそれがあります。  クロストーク  電子工学では、「クロストーク干渉」とは、2つの回線間の電気的結合によって信号の干渉が生じ、結果として元の送信信号がスムーズに伝送されない現象を指します。 ドライブレコーダーの画像歪みによる潜在的リスク 市場には様々なスタイルのドライブレコーダーがありますが、機械自体の記録・アクセス装置はメモリーカードを主軸としているため、不良メモリーカードや設計不良のメモリーカードスロットを使用すると、マッチング不良が発生し、クロストーク現象が発生することがよくあります。 クロストーク現象が発生すると、電気信号が不安定になりやすく、データ伝送エラーが発生しやすくなります。 [...]

DisplayPortからHDMIへの変換で画面が乱れる原因とは?

Allion Labs  HDMIフォーラムがHDMIインターフェースが可変リフレッシュレート(VRR)機能をサポートすることを発表した一方、もう一つの技術標準化団体であるVESA協会もAdaptive-Sync機能をDisplayPortの追加分としてリリースしました。これらの機能は、画面のティアリングの発生をしないように設計されており、両方ともゲーム製品で広く使用されています。ただし、市場に出回っているゲーミング製品がHDMIまたはDisplayPortインターフェースを同時に搭載するわけではありません。その結果、インターフェース接続の役割を果たすDisplayPortのAdaptive-Sync からHDMIのVRRに変換するアダプタ製品が登場しています。 DisplayPortからHDMIへの変換アダプタは完璧のような産物ですが、変換効果が不十分であったり、機能が正常に動作しないといった様々な状況に遭遇した場合、ユーザーにマイナス評価を与えるだけでなく、製品返品の危機ももたらします。変換アダプタ製品が市販される前の関連検証の重要性は言い過ぎではありません。 DisplayPortからHDMI変換機器に潜在的なリスクとその解決策 アリオンが過去のテスト経験では、DisplayPort Adaptive-SyncからHDMI VRRへの変換アダプタが、期待されていた画面のティアリングを防ぐ機能を達成できないケースがありました。結局、エンドユーザーはティアリングされた画面を見ることになり、ネット上でマイナスレビューを書きました。  問題点の説明  不具合背景:この製品はDisplayPort(Adaptive-sync)からHDMI(VRR)への変換アダプタです。PCのDisplayPortインターフェースに接続され、一方でHDMIインターフェースを搭載するディスプレイに接続されます。 問題点確認:アリオンはメーカーさまのテスト依頼を受け、連続したリフレッシュレートの変更テストを通じて、画面が確かに乱れることが確認しました。また、この変換機器を介さないと、HDMIとDisplayPortのモニター画面は正常に戻りました。  問題分析と解決策  アリオンはTeledyne LeCroy Quantumdata [...]

競争が熾烈を極めるコンソールゲーム機に潜むリスクと製品調達の注意点とは?

Allion Labs 新世代のコンソールゲーム機が登場すると、より強力なハードウェア仕様と驚異的なパフォーマンスがもたらされます。プレイヤーは、ゲームの楽しみを求めるだけでなく、様々なゲーム周辺機器との接続を求めるようになりました。より豊かなゲーム環境を構築し、さらなる可能性を広げることを期待しています。ゲームの世界に完全に没頭したいということは、より多くの自由と選択肢があることを意味します。したがって、関連メーカー企業にとって、どのような重要なリスクに注意する必要があるのか、それに基づいて見積要求(RFQ、Request for Quotation)を提出する際にどのように必要な受入基準を設定するかを考慮することが重要です。アリオンはそのポイントを共有します。 コンソールゲーム機の五大アプリケーションリスクと解決策 アリオンは、現在市場で人気のある4つの携帯ゲーム機をまとめ、それらの接続性と拡張性を調査しました。詳細な情報については、以下の表を参照してください。市場で実際に販売されている製品を分析することで、購入時に留意すべき主要な仕様や適用要件、品質検査時に留意すべきリスクを理解していただけるものと思います。  拡張ベース  拡張ベースは、コンソールゲーム機の機能をさらに豊かにし、携帯ゲーム機がさまざまな周辺機器に接続できるようにさまざまなポートを提供します。同時に充電、外部マウスやキーボードの接続、ディスプレイの接続、ネットワークケーブル、メモリーカードの読み取りなどが可能で、柔軟性を向上させます。 4つのコンソールゲーム機のうち、BモデルとDモデルにのみ純正の拡張ベースが付属しています。Aモデルには純正の拡張ベースが付属していませんが、他のブランドの拡張ベースを使用することができます。  ディスプレイ接続  コンソールゲーム機は、個人だけでなく複数人で楽しむことができ、ディスプレイに接続することで、マルチプレイヤーでの対戦を実現できます。ディスプレイに接続すると、個人用のコンピューターとしても使用でき、Webサイトの視聴、動画視聴、文書作成、オフィス作業などが可能になり非常に便利です。 Cモデルの携帯型ゲーム機は、ディスプレイに接続する場合、無線投影(Chromecast)のみを利用することができ、画面表示に遅延が生じやすく、環境の影響を受けやすくなっています。その他の3つのモデルでは、USB-Cケーブルでディスプレイに接続するか、拡張ベースを使用してディスプレイに接続することができます。  無線機能  Wi-Fiに対応しているコンソールゲーム機は、ストリーミング動画の再生、クラウドゲームサービスへのアクセス、またはゲームのダウンロードが可能です。Cモデルはクラウドゲームコンソールであり、ネットワーク環境に非常に依存しています。ネットワーク速度が不足しているか、多くの干渉がある場合、ゲームの体験が悪化します。 [...]

わずかな差で数千kmの損失に!IVIシステムのタッチ精度の実測結果が判明

Allion Labs    IVIシステムの成功の鍵:パネルのタッチ精度 現在の自動車産業でIVI(In-Vehicle Infotainment)は車内で不可欠な一部となり、運転や乗り心地の利便性と快適さを向上させています。また、カーナビゲーション、音楽再生、通信、車両情報の表示など、さまざまな機能が高度に統合され、これらの機能はすべてタッチスクリーンでの操作に依存しています。このような状況でIVIシステムのタッチ精度が悪いと、音量を調整しようとして、タッチミスにより音楽が切り替わったり、曲を切り替える際に、タッチミスでナビゲーションの目的地が変更されるなど、ドライバーは操作ミスや機能のオン/オフを混同してしまう問題に直面する可能性があり、これでは運転体験に深刻な影響を与えるだけでなく、安全運転に多くのリスクをもたらします。また、ユーザーがシートヒーターやエアコンをオンする際、タッチミスで実際には起動せず、ユーザーは寒さや暑さで混乱や不便を感じるかもしれません。こうした問題は、タッチの精度がユーザーの操作体験と安全運転にとってどれほど重要かを明示しているだけでなく、IVIシステムの厳密なテストが必要であることを物語っています。   高度で複雑なタッチ精度のテストは、第三者ラボに任せるが効果的  タッチ精度のテストでは、メーカーはドライバーのタッチ動作をシミュレーションし、繰り返し実行する精度の確保に頭をかかえることがよくあります。なぜなら、これには高精度のハードウェア設備(例:UR5ロボットアーム、繰り返し定位精度が±0.01mm未満)が必要なだけでなく、目標座標の計算を行って正確にテストを実行し、正確な結果を捕捉するには非常に複雑な作業が必要だからです。ほとんどのメーカーにとって、テスト機器の価格が高すぎるだけでなく、テストに関する専門的な知識と実務経験も必要としす。したがって、アリオンのような専門の第三者ラボの協力を得ることで、メーカーは新製品や新機能の開発に限られたコストと時間を効果的に投資でき、イノベーション能力を向上させ、市場での競争力を維持することができます。   タッチ精度のテスト方法とは?実際のテストケースで詳しく説明 あるタッチパネルメーカーを例に挙げると、誤差の基準が1mm未満であることを求め、タッチ精度の検証をアリオンに依頼されました。アリオンの先進的なURシリーズ協力型ロボットアームと、独自のカスタマイズされたクランプ治具を組み合わせ、81の目標ポイントに対してテストを実施した結果、2つのポイントのオフセットが1mmを超えていたことがわかりました。メーカーによる調整とアリオンの再検証を経て、最終的にすべてのタッチポイントの誤差が1mm未満に収まり、ブランドの高い品質要件を満たすことができました。 これらの使用シーンでの実際今回のテストの結果は、業界をリードするアリオンの先進技術を示すだけでなく、高精度タッチ技術に対する市場の切実なニーズも反映しています。自動車技術に対する消費者の要求がますます高まる中で、正確なタッチ反応が市場競争において重要な要素となっています。アリオンの専門コンサルティングチームは市場トレンドを深く理解したうえで、技術分析から実際のテストに至るまで包括的なソリューションを提供し、お客様が市場ニーズに応え、製品の競争力を高められるようサポートします。 アリオンのテストレポートには詳細なデータ分析だけでなく、お客様が製品を正確に調整できるように、的を絞ったソリューションも提供しています。アリオンは市場トレンドやお客様のニーズに基づいてカスタマイズされたテストソリューションを開発しながら、継続的にテスト技術も更新しています。私たちの目標は、専門的な問題分析とソリューションの提供を通じて、お客様が市場で優位性を獲得し、ブランドの価値を向上させることです。   [...]

有線ヘッドホンを引っ張ると音が聞こえなくなった?

Allion Labs 忙しい現代社会では、一時的に周囲から切り離されたいとき、ヘッドホンをつけることが最速の方法の一つです。ワイヤレスヘッドホンが登場する前は、有線ヘッドホンが市場を独占し、価格帯が明確に区分され、さまざまなタイプがあることで、誰もが自分に合うヘッドホンを見つけることができ、パーソナライズの傾向につながりました。現在、市場ではワイヤレスBluetoothヘッドホンが主流となりつつありますが、有線ヘッドホンは一定の市場需要を維持しています。 スマートフォンの流行に伴い、有線ヘッドホンの接続端子もType-C仕様に統一されつつあります。 メーカーは製品の機能を高めるだけでなく、消費者の満足を確保するために耐久性や信頼性も考慮する必要があります。 有線ヘッドホンを使用すると、接続したケーブルが引っ張られて芯線折れやコネクタ破損などの事故が発生する恐れがあります。 また、芯線が外装で覆われているため、断線箇所の発見が困難となる可能性があり、ワイヤードヘッドホンの世界ではそのリスクが隠れた脅威となっています。 シナリオ リモート会議では、多くの参加者がマイク内蔵のヘッドホンを使用します。 しかし、意図せず引っ張ってしまうことが多く、その結果、ヘッドホンから音が出ない、マイクが機能しないなどの問題が発生します。 この時点で、消費者は機能を回復するためにケーブルをねじったり、絡ませたりする可能性があります。 このような処置により問題が一時的に解決される可能性もありますが、引っ張りの際にコアがすでに破損している可能性があります。 破損した部品を適切に再接続しないと、誤動作が継続します。 実例 アリオンは、ヘッドホン製品の検証サービスにおいて豊富な経験を持っています。 [...]

過熱する可能性のあるUSB充電ケーブルを購入しないための方法とは

Allion Labs USB規格の発展と充電の応用 USB規格は、最初のUSB 1.0から最新のUSB4まで、私たちの暮らしに最も密接な規格の一つとなっています。USB規格の進化は、伝送速度の向上だけでなく、充電速度も向上しています。最初は電力供給能力がわずか2.5W(5V/0.5A)でしたが、現在のUSB Power Delivery(PD)仕様では最大240W(48V/5A)に引き上げられています。これにより、USB充電は、モバイルデバイスに加え、ノートPCなどの高い電源供給のニーズにも対応できるようになりました。 スマートフォン、タブレットなどの携帯型デバイスの普及とともに、USB充電はこれらのデバイスの主要な電力供給手段の1つとして徐々に発展し、さまざまなシーンで広く使用されています。例えば、家庭シーンにおいて、スマートフォンや、タブレット、Bluetoothヘッドフォンなどのデバイスを充電するたびによくUSB充電器を使用します。オフィス、学校、パブリックスペースにも、ユーザーがデバイスを充電できるように各種のUSB充電コンセントが用意されています。さらに、USB充電は自動車や飛行機などの交通手段でも広く使用されます。しかし、USB充電の普及に伴い、潜在的なリスクも徐々に浮上してきました。その中でも主要なリスクの1つは、充電ケーブルや充電器の品質問題です。過熱、過充電、ショートなどにより、デバイスの損傷や火災の原因に繋がります。 USB充電ケーブルが過熱して溶ける悲劇が発生 USB充電製品の普及に伴い、最近では多くのメーカーが品質の問題で、製品を回収する課題に直面しています。 近年のあるニュース「【注意】「iPhone 15 Pro Max」充電ケーブル使い回しで発火、端子ごと溶けてしまう大惨事に」では、海外で、iPhone15 Pro [...]

Matter記事シーズ(1)― セットアップで失望

Allion Labs Matter:スマートホームの統一規格 Matterは、Connectivity Standards Alliance (CSA) によってリリースされたスマートホーム製品向けの仕様です。最初のバージョンであるMatter 1.0が2022年にリリースされ、認証プログラムの実施も開始されてから、多くのメーカーが自社の製品がMatterプロトコルをサポートすることを相次いで発表しました。Matterは異なる通信プロトコルを横断できるため、さまざまなスマートホーム製品やブリッジ、制御されたモバイルデバイス、そして各エコシステム内のクラウドサービスを相互に接続できます。Matterはスマートホームの利便性と相互運用性を向上させるように見えますが、本当にそうなのでしょうか? Matter製品レビュー正体 Matter製品が市場で流通し始めたのはつい最近ですが、購入した多くの消費者がすでに使用しています。当社は、さまざまな販売経路におけるユーザーレビューをまとめたところ、否定的なレビューが多く、さらにレビューを分析した結果、多くのユーザーはMatterがどのような規格なのかよくわかっていないことがわかりました。外箱または広告から生活をよりスマートで便利にするものであることはわかりますが、パッケージや製品のウェブサイトには豪華な製品活用シーンのみが載っており、詳細設定や、購入後すぐには使用できないということを示す説明はいっさいありません。 その結果、ユーザーが喜んで新製品を購入しても帰宅後にそれだけでは使えず、他のデバイスと組み合わせる必要があることにやっと気づきます。 以下、ユーザーレビューからまとめた3つの主要な問題です。 1. Matter [...]

実環境において無線キーボードとマウスの無線干渉を対処するには?

Allion Labs キーボードとマウスは、PC使用上で最も一般的な周辺機器です。これらのデバイスは、過去には主に有線接続が採用されていますが、現在では無線接続が徐々に主流となっています。無線キーボードとマウスは通常、Bluetoothまたは無線周波数(RF)を使用していますが、これらの技術も無線干渉を受けてしまいます。これにより、ユーザーが不便に感じてしまい、ブランドイメージにも悪影響を与え、返品の問題を引き起こす可能性もあります。これは調達担当者が調達要求書(RFQ)を作成する際に注意しなければなりません。 無線キーボードとマウスの無線干渉リスクと解決方法 近年、無線通信技術の普及が進んでおり、市場では特定の消費者層向けの静音キーボード・マウスや低遅延のゲーミングキーボード・マウスなどさまざまな無線キーボードとマウスが販売されています。アリオンは豊富なテスト経験と市場調査を行った結果、どんな用途でも、ユーザーが無線キーボードとマウスを使用する際に主に以下4つの不満を抱えていることがわかりました。 1. 接続が不安定 2. 電波の干渉を受けやすい 3. バッテリーの持続時間が短い 4. 安全性リスク その中で、接続安定性と電波干渉は関連しています。一般的にはRF性能のみ検証を行い、基本のアンテナパターンとシールドチャンバーの品質を確保を行いますが、実環境で無線干渉を引き起こすものは様々あります。住宅、会社、交通機関などにおいて、2.4GHz帯を使用するたくさんの無線デバイスが存在しており、無線共存の問題が発生します。これにより、無線接続の品質に影響を与え、ユーザエクスペリエンスの低下につながります。 以下のような問題に直面していませんか。 数多くある干渉シーンは想像通りなのか。 干渉の可能性がある想定外のシーン。 [...]