Tag Archives: 干渉

TWS完全ワイヤレスBluetoothイヤホンの干渉及び非同期に関する研究

Allion Labs / Allen Liao 多くのスマートフォンで3.5mmイヤホンジャックの設計が取り消されるようになり、近年Bluetoothイヤホンがブームとなっています。通勤者、学生、スポーツ愛好家など、あちこちでBluetoothイヤホンを目にするようになっています。Bluetoothイヤホンには体積が小さい、携帯しやすいという利点があるほか、Bluetooth伝送技術が近年発展し、音質の表現及び低消費電力の技術も向上され、ついに完全ワイヤレスBluetoothイヤホンが登場しています。 完全ワイヤレスBluetoothイヤホンは、従来のワイヤレスBluetoothイヤホンで左右の耳の単体を接続しているケーブルをワイヤレス方式の伝送に変えたものです。これにより、使用上の利便性が向上され、またケーブル接続がなくなったことで、タッチノイズが出現しません。これら2種類のBluetoothイヤホンは高解像度または低遅延の通信をサポートしていない場合、その使用規格は基本的に同じですが、唯、完全ワイヤレスBluetoothイヤホンは多くがBluetooth 5.0規格をサポートしています。(バッテリー駆動時間の増加)。 しかし、BluetoothとWi-Fi技術はいずれも2.4GHzの無線電波帯域を使用しているため、往々にして接続周波数帯域上で共存の技術的問題があり、さらに完全ワイヤレスBluetoothイヤホンの装置設計は通常比較的小さいため、アンテナ設計に制限があり、イヤホンの共存問題がより重大になります。 アリオン(Allion Labs)の豊富な無線関連試験の経験によると、完全ワイヤレスBluetoothイヤホンが2.4GHz帯域で共存する問題が引き起こす可能性のある影響は、次の状況にまとめることができます。 無線信号の干渉がBluetoothのボタン機能(再生、一時停止、次のトラック)の反応遅延、さらには失敗を引き起こす 無線信号の干渉が音楽を聴いているときの音の途切れ、さらには無音を引き起こす 2.4GHz共存問題をどのように測定するか アリオンは、完全ワイヤレスBluetoothイヤホンの2.4GHz帯域における共存問題について、市場で人気がある3種類の完全ワイヤレスBluetoothイヤホン(Oブランド、Sブランド、Aブランド)を「環境構築」、「パフォーマンス判断基準」、「実測結果」からワイヤレス信号の干渉下における問題と劣化を検証しました。メーカーは上述の3点を設計の参考根拠とし、接続の問題でユーザー体験およびブランドイメージの低下を回避することができます。 [...]