Tag Archives: 画面

HDMIスイッチは娯楽家電の悪い体験を与える原因なのか?

Allion Labs  HDMIスイッチ(切替器)は、複数のHDMIインターフェース入力ソースが接続された場合、これらの入力ソース間を簡単に切り替えることができる、実用的なデバイスです。これによって、同じ画面に異なる画像を出力することができ、HDMIケーブルの差し込みと抜きを繰り返す必要はなくなりました。 例えば、ゲームコンソールや、Blu-rayプレーヤー、TVボックスなど、異なる機器間は、スイッチを押すだけで対応する入力ソースに簡単に切り替えることができ、機器ごとにHDMIケーブルを交換する必要がありません。異なる信号を切り替える利便性により、HDMIスイッチは実用的なマルチメディアデバイスとなり、家庭エンターテイメントの視聴体験がより便利でシームレスなものを実現します。 利便性の向上を実現する一方、接続問題に油断大敵 HDMIスイッチは複数のHDMIデバイスを同時に入力できる機能を備えていますが、実際の使用シーンでは、一部のブランドやモデルのHDMIスイッチが、異なる入力ソース間を切り替えると画面が正常に表示されない問題が発生することがあります。これにより、メーカーはユーザーからの不満や苦情に対処しなければなりません。 事例 アリオンは多くのHDMIスイッチメーカーからのテスト依頼を受け取り、エンドユーザーからのクレームに対する根本的な解決策を求められます。以下に、よくある2つの事例を共有します。  状況1  ユーザーが異なる入力ソース間を切り替えた後、画面には映像が表示されますが、入力ソースとディスプレイの解像度が一致しません。実際測定と検証をした結果、このHDMIスイッチモデルには独立したHPDピンが無く共有されていることが判明しました。 このことにより、1080p、2K、または4Kの信号が入力すると、HDMIスイッチは切り替える前の解像度しか出力しません。一方、独立したHPDピンがある場合、出力信号は選択した入力信号の解像度に基づいて出力されます。  状況2  ユーザーが異なる入力ソース間を切り替えた後、画面に映像が表示されないか、または表示されても入力ソースとディスプレイの解像度が一致しないことがあります。 前のケースと類似していますが、当社の検証と分析の結果、問題はHDMIスイッチのEDIDに起因することがわかりました。このモデルのHDMIスイッチEDIDは、ユーザーが使用する入力ポートの解像度をサポートしていないため、このような現象が発生します。当社の経験によると、HDMIスイッチのメーカーが定期的にサポートされるEDIDリストを更新すれば、このような問題を解決できるはずです。 Faster、Easier、Better ― 最も信頼できるHDMI検証コンサルティングサービス [...]

DisplayPortからHDMIへの変換で画面が乱れる原因とは?

Allion Labs  HDMIフォーラムがHDMIインターフェースが可変リフレッシュレート(VRR)機能をサポートすることを発表した一方、もう一つの技術標準化団体であるVESA協会もAdaptive-Sync機能をDisplayPortの追加分としてリリースしました。これらの機能は、画面のティアリングの発生をしないように設計されており、両方ともゲーム製品で広く使用されています。ただし、市場に出回っているゲーミング製品がHDMIまたはDisplayPortインターフェースを同時に搭載するわけではありません。その結果、インターフェース接続の役割を果たすDisplayPortのAdaptive-Sync からHDMIのVRRに変換するアダプタ製品が登場しています。 DisplayPortからHDMIへの変換アダプタは完璧のような産物ですが、変換効果が不十分であったり、機能が正常に動作しないといった様々な状況に遭遇した場合、ユーザーにマイナス評価を与えるだけでなく、製品返品の危機ももたらします。変換アダプタ製品が市販される前の関連検証の重要性は言い過ぎではありません。 DisplayPortからHDMI変換機器に潜在的なリスクとその解決策 アリオンが過去のテスト経験では、DisplayPort Adaptive-SyncからHDMI VRRへの変換アダプタが、期待されていた画面のティアリングを防ぐ機能を達成できないケースがありました。結局、エンドユーザーはティアリングされた画面を見ることになり、ネット上でマイナスレビューを書きました。  問題点の説明  不具合背景:この製品はDisplayPort(Adaptive-sync)からHDMI(VRR)への変換アダプタです。PCのDisplayPortインターフェースに接続され、一方でHDMIインターフェースを搭載するディスプレイに接続されます。 問題点確認:アリオンはメーカーさまのテスト依頼を受け、連続したリフレッシュレートの変更テストを通じて、画面が確かに乱れることが確認しました。また、この変換機器を介さないと、HDMIとDisplayPortのモニター画面は正常に戻りました。  問題分析と解決策  アリオンはTeledyne LeCroy Quantumdata [...]

ゲーミングモニターが期待されるVRR機能は製品をより完璧にするか?

Allion Labs  HDMIはオーディオ・ビデオ製品の主なインターフェースの一つであり、高い成長が見込まれるゲーム市場に伴い、HDMI 2.1仕様ではゲーミング製品向けにVRR(可変リフレッシュレート)機能が追加されることで、ユーザーがゲームをプレイする際に画面のティアリングや遅延を軽減するように期待されます。VRR機能は現在、PS5、XboxなどのゲームコンソールやNvidia、AMDなどのハイエンドグラフィックスカードで一般的にサポートされており、ゲーマーがゲームモニターの購入を検討する際の重要な評価基準となっています。 ゲーミングモニターの画面遅延とその解決策 ゲーミングモニターはハイエンド製品と思われ、性能を正常に発揮できるかが非常に重要になっています。アリオンは市場で大手ブランドやODMと長期的な協力関係を築いており、実際のテスト経験の中でVRR機能を導入したモニターの画面がスムーズでない状況が多少あることがわかりました。 VRR機能はゲームプレイをよりスムーズにするためのものであるべきですが、なぜ画面に遅延が生じることがあるのでしょうか?そこでアリオンの専門コンサルタントチームの分析によると、早期のHDMI認証ではVRRテストに静的なパターン(Pattern)が使用されており、画面の色や点滅の有無しか確認できず、VRR機能が正常に動作しているかどうかを十分に検証することができませんでした。  解決策  この問題に対し、アリオンは最新のVRRテストに動的なパターンを使用し、高速カメラと組み合わせて画面にティアリングや遅延などの問題が発生していないかを十分に確認できます。アリオンの総合的なVRR検証ソリューションにより、ゲーミング製品が最適な性能を備えていることを確認できます。 テスト内容:テストパターンは4つのブロックで構成されており、各ブロックは左から右に移動します。 検証方法: 1. 高速カメラを使用してテスト画面を録画する 2. 録画したビデオをフレームごとに再生するプレーヤー(Frame-by-Frame)を使用して、各ブロックが順番に移動するか、そしてティアリングや遅延などの現象が発生していないかことを確認する [...]

画面がちらつく原因はUSB-Cドッキングステーションか?

Allion Labs USB-Cコネクターの普及に伴い、USB-C関連製品が市場で人気を集めています。しかし、ユーザーが使用しているモニターは必ずしもUSB-Cコネクターを搭載しているわけではないため、異なるインターフェース(HDMI/DisplayPort/VGA)をサポートするUSB-Cドッキングステーション製品が必要になることがあります。USB-Cドッキングステーション製品を介して、USB-C非対応のモニターでもビデオ、データ転送、そして充電の機能を同時に楽しむことができます。しかし、マルチタスクの利便性を享受する一方で、機能が正常に動作しなければ、ユーザーエクスペリエンスに大きな影響を及ぼし、最悪の場合は競合他社の製品を購入するようなことになってしまいます。 USB-Cドッキングステーションのユーザーシナリオの潜在的なリスクとその対策 USB-CドッキングステーションはUSB 3.2(5Gbps/10Gbps)データ伝送をサポートするため、USBデータ伝送とビデオ信号伝送の同時使用はよくあるユーザーシナリオです。アリオンは多くの有名ブランドやODMメーカーと協力した経験のなかで、このユーザーシナリオにおける画面のちらつき問題を解決するよう何度も支援してきた実績があります。この記事では実際のテストケースに焦点を当てて説明します。  事例説明  あるお客様の製品であるUSB-CドッキングステーションをPCとモニターに接続し、USB 3.2フラッシュドライブを接続してデータを読み込むと画面がちらつきますが、USB 3.2フラッシュドライブを取り外せば、画面が正常に表示されます。  アリオンの解決策  アリオンの専門コンサルティングチームが分析した結果、この問題の主な原因はDisplayPort信号とUSB信号の相互干渉であり、これが伝送品質の低下につながることがわかりました。そして以下のような解決策をお客様に提案しました。 DisplayPort信号とUSB信号をコントロールするUSB-CドッキングステーションのMUXのイコライザーのパラメータを調整する アリオンのコンサルティングサービスでは、製品の発売前に問題を解決し、市販後の製品を返品するリスクを回避することに貢献します。 Faster、Easier、Better ― USB-C周辺製品の検証コンサルティングサービス [...]

ディスプレイに色のズレや画面のちらつきが発生する原因は?

Allion Labs  ディスプレイをつけて一定時間が経過した後や、ゲームをプレイしている時に、突然色のズレや画面のちらつきといった問題が発生したことはありませんか?ディスプレイの品質不良でこのような問題が起こると思われますが、品質不良にはいくつかの原因があります。では、結局どのような原因で問題は起こるのでしょうか? 犯人は「コレ」! 高周波・高速データ伝送が行われる世界で、インピーダンス制御によって、ディスプレイ製品内にあるマザーボード品質の良し悪しが決まります。イメージしてみてください。同じ速度で道路を走るとき、アスファルトで舗装された道なのか、それとも砂の道や砂利道かによって違いますし、同じアスファルトの道だったとしても、車道のように広い道と人の半分の幅しかない道では、それぞれ同じ速度を維持して走ることはできません。マザーボードの品質はそんな道路状況に似ており、マザーボード上の伝送経路パラメータが異なると、高速信号を安定して伝送できなくなります。したがって、ボードが不安定な信号にさらされると、搭載された製品の品質と安定性に影響してしまいます。 マザーボードインピーダンスの違いが、これほど影響する!? インピーダンスの制御が不適切な場合、何が起こるのでしょうか?解像度の低下、画面の色のズレ、画面のちらつきや点滅など軽微なものもあれば、画面が表示されない、信号が認識されないなど重大なものもあります。インピーダンス制御ができない要因は、以下が理由として考えられます。  不適切な設計  ライン配線の不適切な角度、不適切なコネクタパッドのサイズ、Viaの影響を考慮していないなどで、多くの不連続が発生します。  基盤工場によって製造プロセス能力に差異  設備の許容誤差やその管理および人材の質の影響により、元々の設計と差異が生じます。  検証能力の不足  製品設計に精通していても、すべてのインターフェースのテスト仕様を理解しているとは限らず、たとえ仕様を知っていても、完璧な検証装置が揃っていない場合もあります。 Faster、Easier、Better ― 最も信頼できる検証コンサルタント アリオンは長年にわたる業界経験を活かしてカスタマイズされたテストプランとコンサルティングサービスを提供し、お客様が遭遇する可能性のある多くの問題を排除し、お客様の製品が 店頭から撤去され返品されるリスクを軽減します。 [...]

ノートPCを例に、画面の明るさを検証する重要性とは?

Allion Labs コンシューマーエレクトロニクス製品の普及により、人々はスマートフォンやパソコン、タブレットなどの画面に触れる機会が増え、目への負担も日々増大していますが、研究によると、画面が明るすぎても暗すぎても、いずれも目に有害であると言われています。液晶ディスプレイ(LCD)は、現在ノートPCの画面に最もよく使用されているディスプレイですが、バックライトの明るさが高くなるにつれて、バックライトを適切な明るさに調整し、画面の視覚効果を維持することが非常に重要になり、近年では目の保護をアピールしている製品が注目されています。例えば、適切な明るさの設定や調整比率、調整精度は、どれもユーザーエクスペリエンスの重要な要素であり、端末ブランドメーカーも重視すべきポイントでもあります。 ノートPCの画面の明るさに潜むリスクと検証ソリューションを実例で紹介 ノートPCを例に挙げると、マイクロソフトのオペレーティングシステム(OS)では、バックライト明るさを100段階で、キーボード上のファンクションキーも11段階でそれぞれ調整することができます。 OSが提供する100段階のバックライト明るさ調整機能は以下の通りです。 ノートパソコンのキーボード上にある画面の明るさ調整ファンクションキーは以下の通りです。 バックライトが暗すぎると画面が見づらくなり、逆に明るすぎると眩しすぎて不快感を感じてしまいます。消費者が明るさを調整する際に、一段階の差であまりにも明るすぎたり暗すぎたりしてクレームが発生するのを防ぐために、製品出荷前に明るさの調整比率を設定する必要があります。 アリオンが実際にお受けしたテストケースをご紹介すると、ノートPCのバックライト調整はBIOSで制御でき、各段階に応じた明るさが事前に設定されており、消費者は任意の段階まで自由に調整することができます。 当社はオシロスコープを利用してPWM出力信号を測定し、照度計で画面の四隅と中央の明るさを測定して平均値を取ることで、製品が設計値に合致しているかどうかを検証しました。もし設計値に合致しない製品があれば、明るさの変化がユーザーの期待と一致しない可能性があり、早期にエラーを修正すべきであると進言しました。 300ニッツのバックライトの明るさに対応する例は以下の通りです。   Faster、Easier、Better ― 画面検証コンサルティングサービス 今回ご紹介した例では、ハードウェア設計の検証という点から始め、ユーザーシナリオに潜む問題を確認しました。アリオンはさまざまな協会の貢献者として、関連する規格の策定を支援すると同時に、協会に認定されたラボとして、お客様のニーズに応じた規格を策定し、ブランド独自のエコシステムを構築するサポートを行います。 さらに、環境信頼性やベンチマーク、競合分析、ユーザーシナリオのシミュレーションなどのテストを提供しており、アリオンの経験豊富なコンサルティングチームを通じて、お客様により迅速且つシンプル、そして優れたサービス体験を提供することで、市場での販売を促進します。 [...]

タブレットPCの評価 ー ユーザーエクスペリエンスの比較編

Allion Labs/Cache Her タブレットPCの比較シリーズでは、タブレットのバッテリー寿命、充電性能、ワイヤレスネットワーク性能、ディスプレイ、カメラレンズなどをそれぞれ紹介してきましたが、今回はユーザーエクスペリエンスの比較をご紹介します。 ユーザーはタブレットを購入した後、開封して最初に付属品とユーザーマニュアルを確認し、次にネットワークやユーザーアカウント、アプリケーションをセットアップして、実際に使用し始めます。この記事で紹介する、タブレットのセンサー、画面のタッチ、パッケージなどは、ユーザーエクスペリエンスに影響を与える大事な要素となっています。 テスト結果  1.センサーおよび画面のタッチ評価  一般的なタブレットのセンサーには、加速度センサー、磁力センサー、ジャイロセンサー、環境光センサーなどがあります。アリオンは、専用のテストソフトウェアを使って機能が正常かどうかをチェックし、画面のタッチ評価についても、線画、シングルタッチ、マルチタッチ、スライド、ズームなどの方法で機能性を確認し、使用時のスムーズさや、カクつきの問題がないかどうかを確認しました。 今回評価した5台のタブレットとテスト項目の結果は下の表の通りです。テスト項目の機能やユーザーの使用に問題がなければPASS、問題がある場合や操作がスムーズでない場合はFAILとそれぞれ表示しています。N/Aは、機能がサポートされていないことを意味します。 これらの機能の使用感を比較するため、各項目を点数化してそれぞれの結果を表示しています。全く問題がなければ5点、テストで問題があればその発生状況に応じて2~4点、サポートされていない項目は1点としました。最終的なスコア表は次のとおりです。 結果を見ると、これら5台の端末の使用感は非常に近く、B社のタブレットが環境光センサーをサポートしていないことを除けば、使用感のスコアはいずれも同じでした。  2.開封体験検証  次に開封時に、付属品が揃っているか、ラベルと説明書が詳細で明確かどうか、タブレットのボタンが正常に機能するかどうか、操作マニュアルに従ってユーザーが全ての設定を完了できるかを確認しました。結果は先ほどと同じで、いずれも問題がなくPASSを示しています。 これらの項目をユーザーエクスペリエンススコアに換算すると、最終的なスコアは以下の通りです。 まとめ [...]

画面の見やすさがカギーブルーライト編

ブルーライトとは 人間の目が知覚できる光は可視光と呼ばれ、赤、オレンジ、黄、緑、青、藍、紫の7色の光で構成されています。可視光の波長は約380nm~780nmの一種の電磁波で、宇宙空間でエネルギーと運動量を伝達できるため、大きな太陽の下で暑く感じたり、車のヘッドライトに直接照らされたときに刺さるように感じたりするのは、光からエネルギーを受け取っているからです。 ブルーライトとは、波長が約400nm~500nmの可視光の一種で、比較的エネルギーの強い光です。高強度のブルーライトは角膜を通って眼球に入った後、水晶体を通って網膜に到達し、角膜の炎症、乾燥、白内障、網膜症およびその他の眼の疾患を引き起こす恐れがあります。 私たちの生活の中でLED製品が多く利用されています。最も一般的に使用されている LED電球とLEDスクリーンを例にとると、次の2つのスペクトログラムから、LEDが放出するブルーライトのエネルギーが特に強いことがわかります。これこそがブルーライトが危険であるという主な原因で、特にLEDスクリーン製品を直接目で見るなど、長時間使用すると目に及ぼす危険性が非常に高くなります。   ブルーライトのハザード評価方法 LEDのバックライトスクリーン製品が生活の中で広く使用されているため、ブルーライトの害が重要な問題になっています。アリオンは、ブルーライトのハザード評価方法をいくつか提供しており、お客様の製品開発及びアプリケーションの面で、包括的にサポートしています。   評価方法・その一 – 目の保護モード 現在、ブルーライトを減らす最も一般的な方法である目の保護モードは、ブルーライトのエネルギーを減少させることができですが、ブルーライトが減少すると画面が暗くなってしまいます。以下の実際のケースからわかるように、明るさは最大29.4%低下します。明るさが低下すれば、読書体験が大幅に低下してしまいます。これも克服すべき課題です。   また、ブルーライトが減りレッドライトの割合が増えると、画面が黄色を帯びてくるので、各社のブルーライトを減らす程度の基準があるかと思いますが、ユーザーエクスペリエンスに大きな違いが生じないように、一定の比率を維持する必要があります。   [...]