Tag Archives: Alexa

スマートホームエブームの波に乗る(その1)ー罠だらけの製品紹介

Allion Labs スマートホームデバイスを購入する際、製品の説明欄に自身が使っているスマートホームエコシステムと互換性があると書いてあれば、それだけで購入してしまう人が多くいますが、このタイプの製品を購入する場合、実は多くの場合で罠や不確かなリスクが潜んでいるのです。 市場調査のデータによると、現在マーケットで最もシェアが高いスマートスピーカーは、Alexaスマートホームエコシステムです。これに合わせて、多くのユーザーがAlexaアプリケーションエコシステムと互換性のある製品を購入し、自分のスマートホームを構築しています。   スマートホーム製品を購入する際に知っておくべきこと Alexaをスマートホームプラットフォームとして購入する場合、構成要素を理解しておく必要があります。それは、Alexa Built-in Devices(ABI)、Alexa Connected Device、Alexa Skillsの三要素です。これらの要素のいずれかに問題があると、消費者はAlexaスマートホームの応用シナリオを享受できなくなります。メーカーは製品の検証を十分に行わなければ、製品リリース後に、購入した客から多くのクレームが寄せられることになります。 製品1(Product 1):製品メーカーは特定のAlexaデバイスでのみテストを実施し、問題がなければ、「この商品はAlexaスマートエコシステムと互換性があります!」と大々的に宣伝します。結局のところ、多くのメーカーは時間コストや人件費の制限から、全方位でAlexaスマートデバイスの互換性検証を実施していない可能性が非常に高いです。 製品2 [...]

スマートスピーカーが勝手に作動する?

Allion Labs 人工知能とモノのインターネット(IoT)の進歩に伴い、多くの現代人が自宅や職場でスマートスピーカーを使用するようになりました。デバイスに向かって一言「アレクサ、タイマーをセットして」や、「シャオアイ、音楽を再生して」といった簡単なコマンドを言うだけで、アクションを完了させることができます。市場にはスマートフォン、車のカーオーディオシステム、スマートスピーカーなど、さまざまな音声アシスタントデバイスがあり、一般の人々に広く利用されています。一方で小売業、銀行、IoT機器、スマートホーム、医療保健、自動車産業などでの利用がますます拡大しているため、音声認識システム、音声仮想アシスタントシステム、音声デバイスへのニーズが増加し続けているため、メーカーは、市場で利用されりるリスクとして、特に音声認識能力と正確性に注意する必要があります。 音声認識利用のリスクと解決策 シャオミの音声アシスタント「シャオアイ」の最初の発表会を覚えていますか?このデモンストレーションでは、創業者のレイ・ジュンが「三本の木を何と呼びますか?」と尋ねると、シャオアイは「木三分」と答えました。レイ・ジュンは諦めずに再度尋ねたところ、シャオアイは「あなたは電気、あなたは光、あなたは唯一の神話です〜」と答え、会場のゲストは大爆笑、レイ・ジュンも気まずそうに苦笑いするしかありませんでした。音声を正しく認識・実行できないスマートスピーカーは、むしろこの機能がない方がいい無用の長物でしょう。これらの問題に対処するために、アリオンは、市販されている複数の音声認識システムの製造元と緊密に連携して多数のテストケースを実施し、日常生活で音声システムがユーザーにもたらす主なトラブルをまとめました。 ユーザーのコマンドに応答しないか、応答するまでに時間がかかりすぎる スマート音声アシスタントの接続が頻繁に切れたり、接続が不安定になる 質問に対するスマート音声アシスタントの答えが的外れ ウェイクワードを言っていないのに、スマート音声アシスタントが起動する これらの問題の原因は、以下の要因と密接に関連しています。 発話者の音声プロファイル(性別、年齢、言語、トーン、速度) スピーカーからマイクまでの距離と角度 周囲の雑音 音声コマンドの文脈 自動修正および許容度のある対話能力 [...]