Tag Archives: Thunderbolt

インテルによる高速信号インタフェース: Thunderboltの展望

Thunderboltの原型は、2009年にIntelからLight Peakの開発コードで高速転送技術として発表された。その後 2011年に正式にAppleの新MacBook ProにThunderbolt技術が搭載され、関係業界から新たな高速大きく注目された。しかし、注目された割には、ケーブルとコネクタが高価、サポートする周辺機器が少ない為、普及率は大きく伸びる事はなかった。   しかし2013年になって、Intelが推進するUltrabookのコンセプトが普及しコンピューター機器が軽薄、軽量の方向へ発展し、大容量なマルチメディア対応の高品質な映像、音声ファイルを転送するニーズが増え、高速転送技術を備えたThunderboltにとって、有利な要素が揃い始めた。Ultrabookの中でThunderboltが外部インタフェースとして位置付けられた事で、より多くの新世代製品、及び周辺機器が採用し市場での普及率も2013年下半期から大きく向上すると期待されている。加えて注目するべきなのは、Intelが最近さらに進んだ第二世代のThunderbolt技術規格を発表したことである。この新規格では20 Gbpsの双方向データ転送が可能で、4k画質の動画を録画と同時に表示できるだけでなく、現在のThunderbolt 1.0のケーブル、ストレージ及びモニター等周辺デバイスとも互換性がある。 技術面から見ると、ThunderboltはDisplay portにより高画質の画像インタフェースに対応し、PCIeのインタフェースを内部システムバスから外部へ引き出して、それぞれを同時に使う事が出来る。既存のPCIeインタフェース対応の各種製品は、Thunderbolt上で使うことが出来る。言い換えれば、Thunderbolt技術はグラフィックスプロセッサー、メモリー及びモニター等周辺部品の全てを単一のインタフェースに統合することができる。現行のその他システムバス装置、たとえばDVI、SATA、USBあるいはHDMIなどを置き換え、コンピューターあるいはノートブックコンピューターの外部接続の単一システムバスになることができるのである。これは異なるデバイス間の接続と互換性を高めるだけでなく、薄型化、軽量化のシステム設計のために自由度を上げる事につながる。 Thunderbolt対応機器を複数使用する場合には、上図のようにデイジーチェーンを使い接続が可能であり、1つのケーブル辺り6台まで接続可能であり、2チャンネル利用の場合には、最大12台まで拡張が可能となる。 光ファイバーケーブル(オプション)により、伝搬遅延の殆どない接続が可能である。 Thunderbolt技術を採用するマイクロソフトOS、x86システムのサーバー、コンピューター、モニターとノートブックコンピューターはますます増加し、関連システム支援、チップモジュールの登場はそれを加速するだろう。 現状のThunderbolt 1では双方向の10Gbpsの2チャンネルの伝送が可能であるが、今次世代のThunder2では20 [...]