Allion Labs / Cache Her

TR-398は世界初のWi-Fi性能テスト標準で、この標準には家庭用Wi-Fiルーターの性能を規定する明確な基準があります。他の家庭用ワイヤレスデバイス(例えば、携帯電話、タブレット、セットトップボックス、ワイヤレスプリンターなど)また最近人気なIoT製品(例えば、スマートスピーカー、ウェブカメラ、家電製品またはセンサーなど)も同じ基準に従って規定できますか?この問題について、アリオンのプロフェッショナルテストチームは、TR-398の6つのメジャー側面(11項目のプロフェッショナルテスト項目)に対応する判断基準を理解するようにご案内します。そこで調査した結果、家庭用ワイヤレスデバイスやIoT製品についてテストできる項目が10個含まれています。最適なユーザーエクスペリエンスを実現するための、受信機の感度、スループット(帯域幅)、カバレッジ、マルチユーザーサポート、干渉防止および安定性などを含め、製品種目別とサポート機能によって性能パフォーマンスを検証することができます。

 

TR-398規格の6つの性能指標

 

家庭用ワイヤレス製品の問題は多い?

皆様はこんな経験がありませんか?新しい家庭用ワイヤレス製品(スマートスピーカー、掃除ロボットまたはスマートドアロックなど)を購入して自宅で使おうとした時、接続できなかったり、接続が不安定だったり、接続エラーまたはスピードが遅いなどの問題が起きてしまいます。多額な金をかけたが、楽しむことが出来ず、不愉快な気分になったことがありませんか。何故このようなことが起こるでしょうか。それは消費者の利益を保護するためのワイヤレス製品の性能を有効に規定する基準がないためです。一部のメーカーは、製品の基本的な機能を低コストで確認することはしますが、製品のパフォーマンスや安定性を確保するためにより多くの時間と資金を投資したがらないのです。ユーザーのフィードバックによると、市場に出回っているIoT製品は、よく使用中にいくつかの問題に遭遇することがあります。

  1. 家庭用ネットワークデバイスまたは携帯電話に接続できない。
  2. 頻繁に接続エラー
  3. スピードまたは反応が遅い
  4. 他のブランドのデバイスとインタラクティブできない

このような問題は、製品に対するユーザーの満足度を低下させるだけではなく、深刻な状態ではブランドの信頼を著しく低下させ、さらにこの製品を買わないように他の人に煽る人もいます。実際に引き起こされた損害は予想よりもはるかに大きいものです。

 

テスト標準がすべての側面をチェックする!

ワイヤレス製品の互換性、安定性、信頼性、および性能を確保するために、TR-398仕様をこれらのワイヤレスデバイスとIoT製品に使用することによって、製品が出荷後にユーザーから苦情を受けることのないように確保します。これらのアイテムには下記とおりです。

1.ワイヤレス製品自体の受信機と弱い信号を正確に復調する能力

製品自体のワイヤレス信号を解析できる能力は一定範囲にあることを確認されています。(2.4G> 38dB、5G> 21dB)

2.ワイヤレス製品の最大スループット

製品の伝送容量を確保すること。異なるワイヤレス種目の製品について、製品自体の性能を満たすための最大および最小の伝送容量要件が必要です(たとえば、4K映画の最小伝送容量は20M以上であること)

 

3.利用可能な範囲と距離

さまざまな使用距離での製品性能(0〜63dBの信号減衰シミュレーション)と使用できる最大距離は、ユーザーの許容範囲内にあること。

 

4.あらゆる角度からのワイヤレス製品の品質の整合性

さまざまな角度および異なる信号強度での製品の送信および受信能力には大きな差がないこと(2.4G <30%、5G <40%)

 

5. 他のIoTデバイスと同時に使用するとパフォーマンスが低下するか

他のワイヤレスネットワークデバイスと同時に使用する場合、製品自体のパフォーマンスが大幅に低下しないこと(<10%)

 

6.接続状態が頻繁に変わる環境における安定性

ワイヤレス製品自体は、周辺機器の頻繁な接続または接続エラーに影響されないこと。 (packet error rate < 1%)

 

7. 圧力における安定性

長期間使用する場合、機器の安定性は一定のレベルに達すること(packet error rate < 0.1%)

 

8. MU-MIMOへのサポート

MU-MIMO (Multi-User Multiple-Input Multiple-Output) を起動した後複数ダウンロードする場合、全体のスループットは、機能がオフになっているときのスループットよりも大きくなければならない、また起動によって、パフォーマンスを低下させないこと。

 

9. 異なるバックグラウンドデータ通信量におけるデバイスの性能は影響を受けていますか?

環境にバックグラウンドデータ通信量がある場合、製品自体の性能を一定のレベルに維持すること。(> 60%)

これらの項目の検証によって、アリオンは、ワイヤレス製品とIoT製品について、高レベルの機能、互換性、安定性、信頼性およびパフォーマンスが保証でき、ユーザーの満足度も大幅に向上出来ます。

 

アリオンTR-398テストサービスは製品の性能について、保証をします

アリオンは、Wi-Fi Allianceが指定したラボ(Authorized Test Lab)で、さまざまな専用テスト機器を設置し、また、Wi-Fi認定サービスを幅広く提供しているアジアで唯一のラボです。さらに、アリオンは30年近くのテストと検証の経験があり、製品の機能、ユーザーシナリオ、IoTエコバリデーションなどのデバッグサービスを提供します。

アリオンは、RF波隔離室(848 Chamber、333 Shielding Room、Shielding Boxを含む)など、TR-398に準拠した実験室テスト環境の構築に多額の費用を投資しただけではなく、さらに測定および分析用のTR-398テストサービス用のさまざまなタイプのテスト機器(基地局シミュレータ、ネットワークアナライザ、スペクトルアナライザなどを含む)への投資をしました。アリオンの長年のテストと検証の経験により、お客様の製品に対して、エコシステムに多側面的なテスターのテストを行い、製品の性能を高めるし、よってユーザーエクスペリエンスを向上させます。お客様のブランド口コミを獲得し、同種類製品の激しい競争の中でビジネスチャンスを早期につかむことをサポートします。

TR-398テストサービスについてご質問がある場合は、下記メールアドレスよりお気軽にお問い合わせください。service@allion.com