Tag Archives: モニター

購入したUSB Type-Cケーブルが画面を選ぶ?

現在多くのケーブル製品は、標準仕様とコネクタ部品を通じて電子機器デバイス間の接続を確立し、最大10 / 20 / 40 Gbpsのデータ転送速度を実現する高速データ転送機能を提供しています。これにより、高解像度ディスプレイや高速ストレージデバイス、ビデオ編集など、高速接続が必要な用途で広く利用され、データ転送時間を大幅に短縮することができます。 高速転送ケーブルの良し悪しで引き起こされる潜在リスクとは? 高速転送ケーブルの品質が悪いと、予測できないリスクが発生する可能性があり、ユーザーエクスペリエンスの悪化につながります。使用シナリオを例に挙げてみましょう。コンピューターとディスプレイが映像音声データを高速で転送する時、4Kの超高解像度機能をリアルタイムで表示することが求められます。ここで品質の悪いケーブルを使用すると、信号が過度に減衰し、ケーブルの帯域幅が狭くなり不安定になるといった潜在的なリスクが伴う可能性があります。こうした問題は、以下のような悪い影響を引き起こしかねません。 1. ディスプレイ信号品質の低下 2. システム間の通信の中断 以前アリオンは、販売代理店がとあるホワイトラベルのUSB Type-Cケーブルを販売したところ、それを購入した客から、ケーブルを画面に接続した時に不安定な状態が発生するとクレームを受けた、と販売代理店から相談を受けました。互換性テストを実施した結果、一定の確率で画面のちらつきやノイズなどの現象が発生し、さらに電気信号を測定すると、挿入損失(Insertion Loss)の項目で不合格となり、これが信号の大幅な減衰を引き起こし、信号のジッターが深刻となり、一連の確率的な問題を引き起こしていたことが判明しました。 [...]

CECのワンタッチプレイ失敗問題が解決!鍵となった原因を、ビデオ・オーディオ検証コンサルタントが瞬時に解明

Allion Labs  科学技術の進歩と関連するオーディオビジュアル製品の普及に伴い、より優れた視聴体験の追求のため、多くの人が様々なオーディオビジュアル機器を購入し、リビングルームをホームシアターに変え、自宅でも高画質且つ高音質な映像コンテンツを楽しむことができるようになりました。その中で、設置が簡単で価格も手ごろなサウンドバーは、ホームシアターオーディオ機器の中で、最も手軽に入手可能な存在となっています。しかし、高品質な音楽を楽しみながら、サウンドバーとテレビやセットトップボックス(STB)などの接続デバイスを接続してCECの連動操作を行う際に、様々な問題に遭遇する消費者もいるようです。 HDMI CEC機能にも善し悪しあり HDMI技術は一般的にオーディオビジュアル製品で使用されており、そのCEC(Consumer Electronic Control)機能により、ユーザーは異なるブランドや製品のリモコンを3〜4個使い分けずとも、リモコン1つで家庭のオーディオビジュアルエコシステムに接続された周辺HDMI機器を制御できるようになりました。この機能のおかげで利便性は大幅に向上しましたが、アリオンのビデオ・オーディオ検証コンサルタントチームは、長年テストに携わってきた経験から、CEC機能が各メーカーにとって悩みのタネとなっていることが分かりました。 CECの簡単機能「ワンタッチプレイ(One Touch Play)」で以下のような事例が過去にありました。ユーザーはサウンドバーのリモコンで「電源オン(Power On)」ボタンを押してサウンドバーを起動すれば、同時にテレビも起動し、テレビのリモコンを手に取る必要はないと期待していました。しかし、HDMIケーブルで接続したテレビが応答しないという、残念な結果になるとは予想していませんでした。 CECのワンタッチプレイが故障してしまったのでしょうか?! テストの専門家がお客様の製品が持つ弱点を確実に把握 ブランドの評判に関わる問題が発生したため、このクレームを受けたメーカーはすぐにアリオンに連絡し、アリオンのビデオ・オーディオ検証コンサルタントチームの豊富な経験を活用して、問題の根本原因を特定するよう依頼されました。ご依頼の背景を理解した専門家チームは、まずCEC通信プロトコルアナライザを使用してこのCECの問題を詳しく分析し、過去の経験に基づいて調査したところ、テレビのモデルの型番がCECの標準仕様と一致しておらず、これがサウンドバーとテレビの間で通信する際にテレビが反応しなくなり、テレビが同時起動しない原因となっていたことを突き止めました。 [...]

ライブ配信で音が出ない、映像が遅れる場合の対処法とは?実際のテストケースの考察から明らかに!

Allion Labs  ライブ配信の必須アイテム!ゲーム実況の強力なツール「ビデオキャプチャカード」 近年、ライブ配信市場が急拡大しており、中でもeスポーツゲームが最大のライブコンテンツとなっています。“リアルタイムな相互作用と高い臨場感”というライブ配信の特性によって視聴者が深く熱中するため、関連産業に大きなビジネスチャンスをもたらしており、人気のある配信者の実況や共有は、ゲーム開発会社の売上業績にも影響を及ぼしています。 ゲーム実況の応用シーンでは、PS5、Xbox、Switchなどのコンソールゲーム機での配信は、PC上での録画やリアルタイム配信よりも不便でした。そんな中「ビデオキャプチャカード(Video Capture Card)」が誕生したことで、ゲーム機とPCを接続するだけでこの問題が解決し、eスポーツ実況市場が再び活気づき、ビジネスチャンスも大幅に増加しました。しかし、ビデオキャプチャカードと周辺機器間の互換性は、配信のスムーズさに影響を及ぼす地雷となっています。 OMG!ライブ配信で音が出ない、映像が遅れる場合の対処法とは!? アリオンのeスポーツエコシステムコンサルタントチームが、お客様の製品が抱える問題を解決していく中で、ライブ配信の使用シーンで最もよく発生する問題が「音が出ない、または音が遅れる(ラグ)」ことであると判明しました。リアルタイムで相互作用のあるライブ配信において、この問題が配信者やユーザーの大きな悩みの種となっているでしょう。 ライブ配信のスムーズさに影響を与える原因は? 『アリオンのeスポーツエコシステム』コンサルタントチームは、PS5ゲーム機を実験例とし、まずゲーム実況配信者が最もよく使用するシーンを分析し、関連する機器(図1のような構成図)を接続した上で、最もよく利用されている実況配信ソフトウェアをインストールして、eスポーツゲームの実況エコロジーシーンを構築しました。次に、ノートパソコンやタブレットなど、ハードウェアやスペックの異なるデバイスを9台選択し、配信者が配信で使うデバイスをシミュレーションして可能な配信シーンをカバーしました。最後に、市販されている3つのビデオキャプチャカードを選んで、eスポーツゲームのライブ配信シーンに適用し、この製品の使用状況下で、ゲーム実況配信時に発生しそうな問題をシミュレーションして掘り起こしました。 以下に表した検証結果の表から、PS5はMac(M2)やDellを実況PCとして使用する場合、構築されたゲーム実況のエコシステムシーンの中で「音が出ない、音が小さい、または音が途切れる」といった問題が発生していることが分かります。 『アリオンのeスポーツエコシステム』のコンサルタントチームは、これらの音の問題に対してさらに詳細な検証と分析を加えたところ、原因となった2つの可能性を特定しました。 原因1:ノートパソコンが出荷時からインストールされるソフトウェア 原因2:オペレーティングシステムとオーディオチップのドライバー [...]

テレビ会議ディスプレイ(Webcam Monitor)におけるよくあるトラブルとは?

Allion Labs / Goldberg Chen どっちもウェブカメラ?WebcamとIPcamの違いとは? 新型コロナウイルスパンデミックの影響により、リモート学習や在宅勤務を行う必要性が高まり、ビデオ通話やビデオ会議の需要が急増したことで、ウェブカメラの需要も拡大しています。この記事ではテレビ会議ディスプレイについて詳しく掘り下げ、よくあるトラブルや、これに対する対処法をご紹介します。 まずはウェブカメラとは何なのかを理解しましょう。ウェブカメラは、一般的な製品名としてビデオカメラ、ウェブカメラ、ネットワークカメラなど、色々な名称で呼ばれており、ビデオ通話やオンライン授業、ビデオ会議などで使用され、通常USBポートを介してコンピュータと接続します。 IPcamとは? IPカムはIPカメラやネットワークカメラとも呼ばれ、監視カメラ、ネットワーク監視カメラなどの一般的な製品名があります。その名称のせいかウェブカメラと混同されやすく、明確に区別がつかないことがあります。特に両者いずれにも「ネットワークカメラ」という名称を用いた製品があり、メーカーや販売プラットフォームによって混同されることがあるため、消費者は購入時に注意が必要です。 IPカメラは主にセキュリティと監視の目的で使用され、一般的にRJ-45ポートで接続されます。例外的にシャオミのMi HomeスマートカメラのようにRJ-45をサポートしていない製品もありますが、それでも同じタイプの製品に分類されます。また、IPカメラはコンピュータと連携する必要がなく、独立して動作し、ネットワークを介してリアルタイムで映像を送信することができます。 テレビ会議ディスプレイの機能と関連アプリケーション ウェブカメラとIPカメラの主な違いについてご説明しました。ウェブカメラとして独立して使用する製品の他にも、一部のディスプレイにウェブカメラが内蔵されていて、別途ウェブカメラを購入する必要がないものもあります。この様な製品は本記事のメインテーマであるウェブカムモニター(Webcam Monitor)と呼ばれ、別名でビデオ会議ディスプレイ、ビデオカメラディスプレイ、ビデオモニター、ネットワークカメラディスプレイと呼ばれています。使用方法は独立したウェブカメラと似ており、USBケーブルでディスプレイとコンピュータを接続し、ビデオ通話ソフトウェアと組み合わせて使用する必要があります。 [...]

モニターのUX体験の改善点は?ユーザーの視点から理解しよう!

今日の日常生活において、必要な情報のほとんどはコンピュータやスマートフォンから得られ、仕事でもプライベートでも、コンピュータやスマートフォンと切り離すことはできません。何も問題がないと思っていた画面表示に、ある日突然異常が発生すると、大変な迷惑と不便を被ってしまうと思ったことはありませんか。 今回の記事では、以下、ユーザーの視点とテストで起こる問題から、モニターでよく発生するトラブルや注意すべき点についてお話します。 1. まずモニターを購入したらすぐに画面を検査し、異常な小さい斑点やスジ、または色のムラやちらつきが発生しないか見てみてください。もしこれらの症状があれば、すぐに新しいものと交換を依頼しましょう。 2. モニターは非常に壊れやすい製品であり、パネルは強い衝突や鋭利な物による裂傷に弱いため、モニターを取り付けるときは、プラスチックケースへの適合度と、モニターのスタンドがしっかりしているか確認してください。また、より人間工学に基づいて傾きを調整しようとする場合は、フレームの耐久性不足による画面割れに注意が必要です。けの開口部が小さ過ぎて、電池の出し入れがしにくいことになります。これらもユーザーを困らせる一つの要因を考えられます。 3. モニターとスタンドの接続に脆さがないか注意してください。モニターに軽く触れた時、前後に揺れて不安定になりませんか?最悪の場合、倒れたり、破損、変形の原因になることもあります。 4. 一部のハイエンドモニターはHDRをサポートしており、ゲームをプレイするとき、モニターのHDRは自動的にオンになります。しかし、ゲームを終了するときに、一部のモニターでは実際にHDRをオンにすると、画面が明るすぎて線がぼやけ、文字が読みにくくなります。 5. 一部のモニターでは、一般的な120hzで正常に表示されますが、周波数の高い144hzに切り替えると、ちらつきが発生します。 6. モニターを長期間使用した場合は、左右の端や視野角に欠陥がないか注意が必要です。この欠陥のせいで、情報の表示が不完全になる場合があります。 7. [...]