色彩・輝度測定試験コンサルティング

近年、ディスプレイは自動車においてなくてはならないものになってきています。IVI機器、ダッシュボードだけではなく、リアミラーやサイドミラーの表示方法としてディスプレイ画面が使用されるようになってきました。車載スクリーンの性能においていかに一般ユーザーのニーズを満たすかがメーカーの課題となっています。

アリオンは、長年に渡って自動車テストの経験を積み重ねてきました。PMとエンジニアリングの分業と技術コンサルティングで、製品開発からリリース後のコンサルティングに至るまで、車内スクリーンの色彩と明るさに関連した6つの指標テストソリューションの設計をサポートしています。これにより製品性能の競争力を高め、消費者の信頼を獲得することができます。

現代人の生活水準が向上するにつれて、車の外観や性能に対するニーズだけでなく、車のスクリーンに対するニーズも高まっています。自動車用ディスプレイアプリケーションは、主にIVI機器、ダッシュボード、ヘッドアップディスプレイ、スマートリアミラー、後部座席エンターテインメントシステムに分類されます。自動車用ディスプレイアプリケーションの数は増え続け、そのサイズも拡大を続けており、色彩と明るさの指標に対して消費者のニーズが更に高まっています。

車載ディスプレイの色彩・輝度に関する6つの主要な指標となるテストソリューション

1. 明るさ (Luminance / Brightness)

画面の明るさの測定点は、American National Standards Institute(ANSI)が定義した9点または13点を使用し、測定結果から最大輝度値、最小輝度値、平均値を取得し評価を行います。

測定設備 : Konica Minolta CS-2000A

測定画面: 白

測定点 : ANSI-9 / ANSI-13

                 ANSI-9                                     ANSI-13

測定結果

2. 明るさの均一性 (Brightness Uniformity)

スクリーン中央部分の明るさが他の部分の明るさと異なると、視聴者は不快感を覚えてしまいます。よりよいユーザエクスペリエンスを得るためには、明るさはスクリーンで均一でなければなりません。

計算式 : 明るさ最小値/明るさ最大値=明るさ均一性

測定設備 : Konica Minolta CS-2000A

測定画面: 白 測定点 : ANSI-9 / ANSI-13

測定結果

3. 色の均一性(Color Uniformity)

色の均一性も画面の均一性評価の指標の1つです。明るさの均一性と同様に、測定値が高いほど均一性が高くなります。

計算式 : 最小値/最大値=均一性

測定設備 : Konica Minolta CS-2000A

測定画面 : 赤 / 緑 / 青 測定点: ANSI-9 / ANSI-13

測定結果

4. 彩度(Chromaticity)

彩度は色の純度(明るさを含まない)を指し、測定結果は、国際照明委員会(International Commission on Illumination;CIE)が定義するCIE 1931またはCIE1976の色度図で表示します。

測定設備 : Konica Minolta CS-2000A

測定画面 : 赤 / 緑 / 青

測定点: 中心点

測定結果

4-1. コントラスト (Contrast Ratio)

彩度テストには、コントラスト測定も追加されます。コントラストとは、黒と白の色の明るさの比率のことを指します。コントラストが高いほど、画面に表示される色のレベルがより豊かで生き生きとした鮮やかさになり、画像が立体的に見え、細部がはっきりと反映されます。

計算式 : 白の明るさ/黒の明るさ=コントラスト

測定設備 : Konica Minolta CS-2000A

測定画面: 白 / 黒

測定点: 中心点

測定結果

5. チラつき (Flicker)

明るさの変化によりちらつきが発生します。画面のチラつきを評価するための基準には、VESAによって定義されたFMAとJEITAによって定義されたFLVLがあり、それぞれ%とdBで表されます。一般的に、10%を超えたり-30dBを超えたりするとチラつきが大きくなり、画面がチラついたり揺れたりしているように感じることがあります。

測定設備 : Klein K10-A

測定画面: Gray127

測定点: 中心点

測定結果

5.1 反応時間 (Response Time)

画面の明るさで、黒い画面から白い画面へ変わる時間と、白い画面から黒い画面へ変わる時間を測定します。この2回を加えたものが反応時間で、反応時間が長すぎると、ダイナミックイメージの残像が発生し、視覚的なブレが発生します(下図を参照)。応答時間の要件は、アプリケーションによって異なります。静的データの表示では、応答時間は長くてもかまいませんが、映画を見たりゲームをプレイしたり、動的画像のアプリケーションを必要とする場合、反応時間の要件はますます高くなります。

反応時間が長すぎると、画面に残像現象が発生します。

測定設備 : Klein K10-A

測定画面: 黒 / 白 / 黒

測定点: 中心点

測定結果

6. 反射率 (Reflection Rate)

屋外で強い光の下に居る時、画面上のコンテンツが読み取れないことはありませんか?画面の明るさを測定する場合、反射率も読みやすさの重要な指標の一つとなります。一般的に、反射率が低いほど反射やグレアが発生する可能性は低くなります。

測定設備 : Konica Minolta CM-2600d

測定点: 中心点

測定結果

高品質の車内スクリーンを実現する専門的なコンサルティングサービス

アリオンは、上記にあげた6つのパフォーマンス評価指標によって、製品が抱える問題を迅速に特定し、分析とソリューションを提供します。

専門的な教育トレーニングから、ディスプレイ関連製品のテスト環境設置、技術コンサルティング、さらには製品発売後のデバッグ検証やデータ分析レポートなど、様々なフェーズで、高品質なディスプレイ製品の開発をお手伝いします。

サービスの詳細については service@allion.co.jp までお問い合わせください。