Tag Archives: 認証

Matter記事シーズ(1)― セットアップで失望

Allion Labs Matter:スマートホームの統一規格 Matterは、Connectivity Standards Alliance (CSA) によってリリースされたスマートホーム製品向けの仕様です。最初のバージョンであるMatter 1.0が2022年にリリースされ、認証プログラムの実施も開始されてから、多くのメーカーが自社の製品がMatterプロトコルをサポートすることを相次いで発表しました。Matterは異なる通信プロトコルを横断できるため、さまざまなスマートホーム製品やブリッジ、制御されたモバイルデバイス、そして各エコシステム内のクラウドサービスを相互に接続できます。Matterはスマートホームの利便性と相互運用性を向上させるように見えますが、本当にそうなのでしょうか? Matter製品レビュー正体 Matter製品が市場で流通し始めたのはつい最近ですが、購入した多くの消費者がすでに使用しています。当社は、さまざまな販売経路におけるユーザーレビューをまとめたところ、否定的なレビューが多く、さらにレビューを分析した結果、多くのユーザーはMatterがどのような規格なのかよくわかっていないことがわかりました。外箱または広告から生活をよりスマートで便利にするものであることはわかりますが、パッケージや製品のウェブサイトには豪華な製品活用シーンのみが載っており、詳細設定や、購入後すぐには使用できないということを示す説明はいっさいありません。 その結果、ユーザーが喜んで新製品を購入しても帰宅後にそれだけでは使えず、他のデバイスと組み合わせる必要があることにやっと気づきます。 以下、ユーザーレビューからまとめた3つの主要な問題です。 1. Matter [...]

スマートホーム検証・コンサルティングサービス概要のご紹介

Allion Labs スマートホームとは? 現代社会においてよく耳にするスマートホーム。これは、さまざまなネットワーク製品とシステムが設置された住宅で、遠隔操作や自動化により、住まいの利便性、快適性、エネルギー効率化、セキュリティ、エンターテイメントを大幅に向上させます。通常、製品やシステムはWi-Fiアクセス・ポイントやハブに接続され、携帯電話/タブレットまたはAmazon Alexa/Google Assistantといった音声アシスタントを通じて、ユーザーがコントロールします。 アリオン、スマートホーム検証環境を構築 スマートホーム製品およびその応用は急速に成長しております。また無線通信規格の普及により、スマートデバイス間の接続は多様かつ複雑になり、多くのメーカーはその対応に追いつかないという課題に直面しています。そこでアリオンは、干渉の回避や、相互接続性の確保、ハードウェアとソフトウェアの統合問題の解決を考慮し、実際の製品利用の中で最良なパフォーマンスを発揮できるよう、スマートホーム製品向けの検証・コンサルティングサービスを提供する試験環境を構築しました。 広々とした検証環境において、AppleをはじめGoogle、Amazon、Samsungなどのエコシステムに加え、Wi-Fi、Bluetooth、Thread、Matter、HDMI、DisPlay、ワイヤレスディスプレイなど利用可能な規格を組み合わせることで、製品の特性やお客様のニーズに応じた様々な使用状況の検証とコンサルティング・サービスに対応することが可能です。メーカーが問題を早期に発見することで製品やサービスが市場に出た後のお客様からのクレームを回避し、顧客満足度を上げるサービスを提供します。 ワンストップのスマートホームコンサルティングサービス アリオンのスマートホームコンサルティングサービスでは、さまざまなの住宅シナリオや、スマートデバイス、ユーザーエクスペリエンスなどの構築に加え、以下の検証サービスも提供することが可能です。 Faster、Easier、Better ― ワンストップソリューション!スマートホーム製品コンサルティング・サービス スマートホーム製品の潜在的なリスクに対処するため、アリオンは異なるタイプの住宅、エコシステム・アプリケーション、制御可能な環境基準パラメータを構築し、製品の品質を確保します。スマートホームの検証コンサルティング・サービスだけでなく、Wi-Fi、Bluetooth、Thread、BBF.398、OpenSyncなどのスマートホーム関連認証試験サービスも対応することが可能です。無線分野における豊富なテスト経験をもとに、各種プロトコルスニファー(Protocol Sniffer)、無線テスト設備、シールドルーム(Shielded room)など充実したテスト環境と機器を完備することで、お客様の製品に最適な検証を行い、専門的なコンサルティングサービスで支援します。 [...]

「無線心電図」から無線医療機器の共存干渉のリスクを見つける

Allion Labs 科学技術の進歩に伴い、ワイヤレス技術の用途は日常生活のスマートフォン、ヘッドフォン、スマートホームデバイスだけでなく、医療産業にも拡大しています。無線転送能力の進化により、医療機器のワイヤレスネットワーク機能を使用して、医療情報を遠方にいる医療スタッフにタイムリーに伝達することで、病状の理解と治療が容易になるなど、医療システムはより柔軟になり、医療ケアが空間の制約を受けなくなりました。また、ケーブルで接続が必要だった一部の医療機器がワイヤレス接続に切り替わったことで、より便利に使用でき持ち運びも容易になりました。 しかし、医療機器の種類は数え切れず、アメリカ食品医薬品局(FDA)も、無線医療製品を使用する際、無線の共存干渉に対処する必要があると警告しています。製品がさまざまな使用シナリオで使用され、同じ周波数帯域のワイヤレス技術が増えるほど、無線医療製品のワイヤレス機能が影響を受ける可能性があります。無線心電図システムを例に挙げると、図Aは元々の無線心電図システムの信号グラフであり、周囲にWLANの干渉が加わると心電図信号が図Bのように変化します。図Aと図Bを比較すると、WLANの干渉による影響があるのは明らかです。 さらに、製品の種類と機能によってはさまざまなレベルのリスクが生じます。したがってリスクを評価・分析し、無線共存によって起こり得る深刻な結果を回避するために、無線医療製品はFDAが認可する無線共存干渉テストを受ける必要があります。 無線医療機器の共存干渉の「4大リスクレベル」 アリオンは多くの有名なワイヤレス製品メーカーとの協業関係を持っており、サプライヤーと協力して潜在リスクを理解し解決策を検討できるよう、無線干渉のコンサルティングサービスを提供しています。アリオンのコンサルタンティングチームは共存干渉のシナリオで豊富な経験を持ち、無線医療製品の共存干渉によるリスクを、4つのリスクレベル(レベルA〜D)に分類しています。以下、それぞれのリスクレベルの分類について説明します。 Level A:レベルAは、次のような時に無線機能の障害または遅延が発生した場合、重傷を負ったり、場合によっては死亡する可能性があることを意味します。 ECGやEMGなどの生理学的信号の感知や監視デバイスといった医療機器のリモート接続品質が低いため、看護スタッフが患者のバイタルサインをタイムリーに把握できない。 外骨格補助具が故障して関節活動の制御に異常が起こし、高齢の患者が転倒してしまう危険がある。 Level B:レベルBは、次のような時に無線機能に障害または遅延が発生すると、ケガや障害の危険があり、専門医療介入が必要となる場合です。 除細動器(Defibrillator)が治療の有効性を評価するためのデータを提供できない。 超音波が診断に必要となる正確な画像とデータを提供できない。 [...]

スマートホームブームの波に乗る(その1)ー罠だらけの製品紹介

Allion Labs スマートホームデバイスを購入する際、製品の説明欄に自身が使っているスマートホームエコシステムと互換性があると書いてあれば、それだけで購入してしまう人が多くいますが、このタイプの製品を購入する場合、実は多くの場合で罠や不確かなリスクが潜んでいるのです。 市場調査のデータによると、現在マーケットで最もシェアが高いスマートスピーカーは、Alexaスマートホームエコシステムです。これに合わせて、多くのユーザーがAlexaアプリケーションエコシステムと互換性のある製品を購入し、自分のスマートホームを構築しています。   スマートホーム製品を購入する際に知っておくべきこと Alexaをスマートホームプラットフォームとして購入する場合、構成要素を理解しておく必要があります。それは、Alexa Built-in Devices(ABI)、Alexa Connected Device、Alexa Skillsの三要素です。これらの要素のいずれかに問題があると、消費者はAlexaスマートホームの応用シナリオを享受できなくなります。メーカーは製品の検証を十分に行わなければ、製品リリース後に、購入した客から多くのクレームが寄せられることになります。 製品1(Product 1):製品メーカーは特定のAlexaデバイスでのみテストを実施し、問題がなければ、「この商品はAlexaスマートエコシステムと互換性があります!」と大々的に宣伝します。結局のところ、多くのメーカーは時間コストや人件費の制限から、全方位でAlexaスマートデバイスの互換性検証を実施していない可能性が非常に高いです。 製品2 [...]

スマートスピーカーが勝手に作動する?

Allion Labs 人工知能とモノのインターネット(IoT)の進歩に伴い、多くの現代人が自宅や職場でスマートスピーカーを使用するようになりました。デバイスに向かって一言「アレクサ、タイマーをセットして」や、「シャオアイ、音楽を再生して」といった簡単なコマンドを言うだけで、アクションを完了させることができます。市場にはスマートフォン、車のカーオーディオシステム、スマートスピーカーなど、さまざまな音声アシスタントデバイスがあり、一般の人々に広く利用されています。一方で小売業、銀行、IoT機器、スマートホーム、医療保健、自動車産業などでの利用がますます拡大しているため、音声認識システム、音声仮想アシスタントシステム、音声デバイスへのニーズが増加し続けているため、メーカーは、市場で利用されりるリスクとして、特に音声認識能力と正確性に注意する必要があります。 音声認識利用のリスクと解決策 シャオミの音声アシスタント「シャオアイ」の最初の発表会を覚えていますか?このデモンストレーションでは、創業者のレイ・ジュンが「三本の木を何と呼びますか?」と尋ねると、シャオアイは「木三分」と答えました。レイ・ジュンは諦めずに再度尋ねたところ、シャオアイは「あなたは電気、あなたは光、あなたは唯一の神話です〜」と答え、会場のゲストは大爆笑、レイ・ジュンも気まずそうに苦笑いするしかありませんでした。音声を正しく認識・実行できないスマートスピーカーは、むしろこの機能がない方がいい無用の長物でしょう。これらの問題に対処するために、アリオンは、市販されている複数の音声認識システムの製造元と緊密に連携して多数のテストケースを実施し、日常生活で音声システムがユーザーにもたらす主なトラブルをまとめました。 ユーザーのコマンドに応答しないか、応答するまでに時間がかかりすぎる スマート音声アシスタントの接続が頻繁に切れたり、接続が不安定になる 質問に対するスマート音声アシスタントの答えが的外れ ウェイクワードを言っていないのに、スマート音声アシスタントが起動する これらの問題の原因は、以下の要因と密接に関連しています。 発話者の音声プロファイル(性別、年齢、言語、トーン、速度) スピーカーからマイクまでの距離と角度 周囲の雑音 音声コマンドの文脈 自動修正および許容度のある対話能力 [...]

Matterの誕生でスマートホームはどう変わる?

Allion Labs / Ralph Liao    誰もが手に持つスマートフォンは、小さなプライベートパソコンを持ち歩いているようなもので、便利な現代において、以前はできなかったことの多くができるようになりました。古代の大富豪や王族貴族は、奴隷やメイド、家政婦を召し抱え、日常の厄介事をまかせていましたが、テクノロジーで便利になった現代では、人を雇うことなく、スマートホームデバイスを使ってタスクを完了させることができます。「手動じゃなく口で」や「手動じゃなく自動で」と、望むと望まざるとに関わらず、スマートホームデバイスは徐々に私達の生活に浸透しています。 想像してみてください。目覚まし時計を使って朝起床し、仕事に行く前にコーヒーを淹れて1日の気分を上げるしかない。今はスマートホームデバイスを使えば、スマートカーテン、スマートスピーカー、人感センサー、スマートソケットを通して、日常手で行っていた手作業を完了することができます。スマートカーテンを使用して起床時間とカーテンの開口率を設定します。スマートスピーカーと連携して、設定した時間に目覚ましソングを再生します。アラームにびっくりして目を覚ますのではなく、カーテンを使って徐々に日光の明るさをコントロールし、スマートスピーカーから流れる音楽の音量を弱から強へ調整します。1日の始まりです。そして、人感センサーが起床を感知し、スマートソケットでコーヒーマシンの電源を入れて香醇なコーヒーを淹れ、充実した1日が始まります。この様に、どのようなスマートホームデバイスの組み合わせがいいか、何かとIoT時代の忙しい現代人でもよくよく検討しなければなりません。 市場には何百ものスマートホームデバイスとプラットフォームがありますが、では一体どれを選ぶべきでしょうか?以下では、様々なプラットフォームと接続方法について分析を行います。自分の好みやコスパに応じて、普段から使い慣れたモバイルデバイスのOSやアプリに対応した商品を選びましょう。   スマートホームプラットフォームの紹介 市場には何千ものスマートホームプラットフォームがあります。多くの場合、メーカーがスマートホームデバイスをリリースすれば、それをコントロールするアプリがリリースされるため、ユーザーは様々なメーカーの使用方法を学んで慣れる必要があります。このため、大手ブランドが立ち上げたスマートホームプラットフォームに参加すれば、自身が使い慣れたインターフェースと使用法でスマートホームデバイスを仕様することができます。以下では、市場でよく見る一般的なスマートホームプラットフォームを紹介します。 ※参考リンク Homekitアクセサリ Google [...]

スマートホーム標準規格であるMatterの通信方式として選ばれた「Thread」とは?(上)

Allion Labs / Chris Wu    認知度の低かったThreadネットワークテクノロジーが、最近スマートホームの革新的な共通規格「Matter」のおかげで大きな注目を集めました。Threadは一体どういうものでしょうか。   スマートホームの通信ブリッジ「Thread」 Threadは、低消費電力デバイス(センサーなど)と低遅延に設計されたメッシュ(Mesh)ネットワークプロトコルです。この技術は、家にあるインターネットネットワークやWi-Fiに依存せず、専用メッシュネットワークを構築して家庭内のデバイスを接続することで、簡単、安全、高い信頼性且つ低コストの方法で、家庭内に分散して配置された様々なスマートホームデバイスを接続することができます。例えばセンサー、ドアロック、カーテン、電球、温度調節器、警報器などのデバイスは、数ヶ月やそれ以上の期間変わらず放置されたままの場合があり、必要な時だけ呼び出されて簡単な情報を送信した後に、可能な限り長時間電力を保存するように、またスリープ状態に戻ってバッテリーの電力を節約するよう設計されています。また、Threadネットワークは拡張性があり、250台以上のデバイスをサポートすることができます。 スマートホームのThreadデバイスには、主にルーターやエンドデバイスの機能があります。通常ルーターは外部の電源を必要とするデバイスで、電球やスマートプラグのように、エンドデバイスとの通信を提供する役割を果たしています。一方エンドデバイスは通常バッテリーで動くデバイスであり、センサーやドアロックなど、長時間スリープ状態を維持してバッテリー寿命を延ばすことができます。また、Threadネットワークには自己修復機能があり、ネットワーク内のどのルーターがオフラインになっても、別のルーターがすぐに代替して役割を引き継ぐことができるので、ネットワーク障害が発生することはありません。Threadネットワーク内のデバイスは、点と点で直接接続して通信し合うため、別のコントロールデバイスに接続する必要はなく、また、最適な接続経路を検索することができるため、接続の消費電力を直接低減し、遅延や衝突を減らすことができます。 下の図は、Threadネットワーク内の様々なスマートホームデバイスの役割と相互作用を簡単に示しています。 Threadネットワークで最も特徴的なものは、Threadボーダールーター(Thread Border Router)です。Threadネットワーク自体は独立して動作し、各エンドデバイス間で直接通信することができます。しかしながら、インターネットに接続する場合は少なくとも1つのThreadボーダールーターが必要で、その役割はThreadネットワークとインターネットを相互接続することです。そのため、ネットワーク接続を介して、家にいなくてもスマートホームデバイスを制御することができます。例えば、AmazonのEchoスマートスピーカー(第4世代)、AppleのHomePod [...]

LC3エンコーディングがもたらすBluetoothオーディオの新時代
LC3エンコーディングがもたらすBluetoothオーディオの新時代

Allion Labs 2023年のBluetooth SIGの報告によると、2027年には世界で約70億台ものBluetoothデバイスが存在し、その中でもオーディオ関連のデバイスが約15億台に上ると予想されています。下のグラフで示した調査では、今後5年間でLE-onlyのオーディオデバイスが従来のBluetoothオーディオ(A2DP)のアプリケーションに徐々に置き換わって、より省電力、より高音質、より高い圧縮率となり、個人向けの使用に合った製品になると予想されています。 Bluetooth LEオーディオ と LC3とは Bluetooth LEオーディオは、Bluetooth規格5.2以上に基づいた新しい技術であり、より高品質なオーディオ伝送を提供することが可能です。中でも新しいオーディオエンコーディングの技術であるLC3エンコーディングは、より効率のよいオーディオ圧縮と高音質を実現しています。 LC3エンコーディングは、通常ビデオ会議や音声通話など、低遅延のアプリケーションシーンで使用される低遅延オーディオエンコーディング技術です。高効率な圧縮を実現しつつ非常に低い遅延を保ちながら、より高い音質を提供することができます。 従来のオーディオエンコーディング技術に比べて、LC3エンコーディングにはより高い圧縮効率があり、同じデータ転送速度でより高音質なオーディオを伝送することができます。また、LC3エンコーディングはエラートレランス性能も高く、低品質のネットワーク環境下でも良好な音質を維持することも可能です。 また、LC3エンコーディングは可変ビットレート(VBR)エンコーディングをサポートしています。これは、転送プロセスにおいてエンコーダが音声信号の複雑さに基づいてエンコードレートを自動的に調整できることを意味し、より効率的な圧縮を実現しています。こうした技術は音声の伝送や保存に非常に役に立ち、より高品質な音声圧縮と高い音質を可能とするため、ユーザーはより高音質な音声体験を楽しむことができます。 過去のSBCエンコードに比べ、新しいBluetooth LC3エンコードは同じ転送速度でより高音質の音声を提供したり、低い転送速度ながら品質の高いコンテンツを提供することができます。これにより、開発者はより柔軟性をもってLC3エンコードで開発することが可能となり、音声品質や消費電力などの製品設計の上で、容易に優先順位を策定することができます。以下、LC3エンコードとSBCエンコードを比較しました。 [...]