Allion Labs 

前回の記事「サーバーの冷却効果が不十分?専門家がおすすめする方法はコレ!(その2)」では、アリオンがサーバーの冷却テストを行うのをどのように支援し、テスト結果をもとにどのように改善と評価を行うかについて説明しました。

この記事では、冷却構造にある3つのキーポイントの1つであるGPUエアガイドに焦点を当て、サーバーの冷却に与える影響について紹介します。

近年、サーバーの冷却方式は主に「空冷式」と「液体冷却式」を採用しています。空冷式は空気の対流に依存しますが、液体冷却式は熱を運び去るために流体の流れを利用します。空冷システムでは、特にエアフローを効果的に導くためにエアダクトを慎重に設計する必要があり、これは全体の冷却性能にとって極めて重要です。サーバーの開発中、お客様は通常、初期バージョンのエアダクトを提供して冷却の初期検証を行い、テストデータに基づいてエアダクトを修正します。

事例説明

GPUの吸気口からの冷却エアフローの分散が不均一である(予定された経路は赤い矢印で示されていますが、一部のエアフローは青い矢印で示された側から漏れる可能性があります)、これはマシンの冷却効率の低下を引き起こし、それにより筐体内の温度が上昇し、関連部品の高温による正常な動作の問題が発生する可能性があります。

改善前のテスト結果

エアガイドにバッフルを追加し、その後検証を行うことで、この改善策の実現可能性をテストデータの分析によって確認できます。検証結果が得られると、お客様はこの変更を後続のエアガイド設計に活用し、サーバーの冷却効率をさらに向上させます。このような効果的な冷却技術の最適化は、安定した動作条件を維持するだけでなく、サーバーの全体的な性能と信頼性を向上させます。

改善後のテスト結果

アリオンのサーバー冷却アーキテクチャへの関心は、長期的な安定した環境を提供するテストだけでなく、タイムリーなフィードバックにも反映されています。冷却アーキテクチャに問題や懸念がある場合、当社は即座にこれらの情報をお客様にフィードバックし、可能性のある課題の解決を支援します。

また、当社は改善プロセスに積極的に参加し、多年にわたる豊富な経験を活かして、お客様に実用的な提案を行っています。これには、さまざまな冷却アーキテクチャの検証を短期間で完了し、改善ソリューションの実装が製品の生産サイクルに影響を与えないようにすることが含まれます。アリオンはお客様に高品質の冷却ソリューションを迅速かつ効果的に提供し、製品の製造プロセスを妨げることなく、彼らが優れたサーバー製品を自信を持って発売できるようにします。この積極的な姿勢は、技術革新への取り組みだけでなく、お客様のニーズに対する迅速な対応を示しています。

アリオンは豊富な経験だけでなく、関連設備と環境を完備しています。13KWから65KWまでの熱負荷を持つさまざまなサーバー冷却要件に適したウォークインチャンバーを備えており、単一機、複数機、およびキャビネット構成の冷却検証サービスを提供できます。

1. 13KW Walk-in Chamber
• 温度範囲:-20 ℃ ~ 80 ℃

2. 20KW Walk-in Chamber
• 温度範囲:-40 ℃ ~ 150 ℃

3. 65KW Walk-in Chamber
•温度範囲:-40 ℃ ~ 90 ℃

Faster、Easier、Better ― 最も信頼できるサーバー検証コンサルタント

アリオンはIT分野で30年以上のテスト検証経験を積み重ね、数千万もの検証データベースを構築してきました。包括的なスマートテストのアドバイスとその分析により、アリオンは総合的なテストソリューションを提供し、お客様が製品の品質を厳格に管理し、より短時間で、より正確な方法で製品品質を向上させるお手伝いをします。

関連の検証テストサービスについてより詳しい情報をお求めの場合は、アリオンのお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

Contact Us

あわせて読みたい